勝手にMistico!! from Mexico City
メキシカンプロレスの超★売れっ子ルチャドール、ミスティコに勝手に捧げるラブコールblogです。 「120%ミスティコ寄り」のルチャリブレ情報を、メキシコシティよりアツくお届けします。(2005.5-)
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Halloween & Damian 666 が CMLLから消える!?

あまりに巷で評判なので、この話題いっときます!
(って私の「チマタ」ってどこだ?とっても、限定されている気がするが・・・)

ティファナファミリー
キライだと連呼している割には、数回取り上げてしまっている、HalloweenDamian 666
フリーで活躍している彼らですが、なんとCMLLの舞台から消えていくかも?という話。


(←好感度が上がりそな写真を選んだ!)

というのも、先日6/17のJuicio Finalでは当初、CMLLはHalloweenカボチャ写真左)に坊主になるよう交渉していたようなんですね。でもそれを拒否した彼。そして相方のDamian 666落武者写真右)もそれに便乗。交渉は決裂し、結果はご存知のように当たり障りのない(かどうかは分からんが…)Mascara Magicaが、坊主になりました。
そんなわけで、2人はCMLL興行から(ついてはアレナメヒコからも)消えて、別団体のAAA(トリプレ・ア)に行ってしまうようです。まあフリーだから、自由と言えばそれまでだけどさ…。

この情報、現段階ではあくまで噂レベルですので、今後、追って行きたいと思います!
去ってしまうとなると、なんか淋しいな~(;_;)なんて思ったりして。「オンナ心は秋の空・・・。」
Halloweenの胸板はすごいんだぞ、背中のタトゥーも。(なんだい、私はファンなのか~?)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■(情報ソース: 「Lucha Libre Insider」)
スポンサーサイト

テーマ:ルチャリブレ - ジャンル:スポーツ


6/24(金) Arena Mexico ~Elektro&Bronco 登場

メキシコシティ、すっかり雨季らしい天気になってきました。先週まではこの乾燥の国において、なぜか毎日汗だくになる暑い日が続き、私はもはや燻製状態となっていましたが、急に「あ、イカン。もう雨季だった」と思い出したかのような、雨・雨・雨・・・。水不足は死活問題となっているメヒコ。ジャンジャン降って、汚染にまみれた空気を少しは浄化してほしいものです。

エコロジー意識ねぇ・・・水不足といえばここメキシコシティでは、ホースを使って洗車していると罰金をとられます。だから、洗車をするときはバケツに水を溜めるのが基本です。しかし、地方はこの限りではありません。今ではメキシコシティでいっぱしの都会ぶっている私ですが、去年までは地方都市に住んでいて、そこでは愛車をブイブイ乗り回していました。ある休日、その愛する息子(車)をホースの水で洗車中、近所のエコロジーおばさまに怒鳴り込まれたことがあります。
「あなたはメキシコの枯渇問題をどうお考えですか!?」
と。A■■■■■■■■■■■■■■■(エコロジー・Myイメージ→)

ホースで洗車たかが週1の楽しみの洗車に、ガタガタ言われてたまるか!とカチンときた私は、売られた喧嘩はしっかり買わせていただきました。が、後に大反省。外国人だからこそ謙虚に行こうと、近所の村八分なんかも心配して(´д`;)、バケツに給水を始めました。他の隣人達は毎日のように、ホースで洗車してたけどね。
(←こんなことしちゃ、いけません!`ω´)


怒る私今日の試合開始ごろはすっかり雨。天候のせいか?先週の価格3倍のチケットが家計に響いたのか?客足が遠のいたようで、かなり空席が目立ちました。・・・なーんて珍しく、今日は気候の話題から始めてしまった私。何かシグナル伝わった?その通り私、本日の試合のレポート書く気全くナッシングなのです。だってもう、つまんなかったの何のって。

■■■■「チケット代、返しやがれこんにゃろ~!!」


・・・と、純なハポネシータを落胆させた本日、アノ英語の堪能な蝶野さんが遥々とアレナメヒコに来ていた模様。(私は今まで、何で彼はあんなに英語が堪能なんだ?と思っていましたが、アメリカ生まれの帰国子女だったんですね!)残念でした、こんな日で・・・。


本日の対戦:
Dr. Wagner, Mistico, Ultimo Dragon VS. Averno, Mephisto, Mascara Magica

20050624_1Dr. Wagnerが光ってたセミ。先週坊主になったMascara Magica善玉から悪玉に転向 、復讐体制に入ったよう。しかしこれ、本人は納得いってるのかネ?

Misticoの全体色がいつもと違って、プラズマ調で派手でした。Dr. Wagnerは、毎回マスクが変わって非常に楽しく、今日は赤。Ultimo Dragonの薄紫ベースの布もキラキラしてて、いやー、ホント綺麗でしたね。

A■■■■■■■■■■■(生地代かかってそげ~。→)

レポートは、以上で終わりです!(´`)トホホ

20050624_2
第3戦目の、色気ムンムンなHector Garza

ビキニパンツの、なんとまァまァ、前部分に星マーク!
前回の私の記事 「いい男さん・・・」 を意識したのかね?(してね~)
とにかく、ちょっとエロかった・・・。むぐぐっ。(*><*)

20050624_3



■■■■■■■■■■■■■(赤い骨って新鮮!写真中央→)
メインのL.A. Park、骨の部分が赤でした。斬新ですね~♪
AAAから移籍したElektro(写真右)は、アレナメヒコの観客に歓迎されてない様子で、かなりブーイング受けていた。間の取り方がずれた場面があり、あイタタタ・・・。きっと奥様を酒の肴に、反省会をしたことでしょう。AAAに戻りてェョォ(´д⊂)・・・と。
その奥様のLady Apacheは、7/1アレナメヒコ出場予定です!

あまり関心がなかったので触れていなかったのですが・・・、一応書いておきます。
上記試合のBroncoBlack Tigerの新キャラクターだそうです。(一番左・▲写真)理由はBlack Tigerのキャラクター権は新日本が有するから。日本の権利はメキシコまでは及びませんが、今回は新日本を尊重した形です。(ソース: 「Lucha Libre Insider」)


A■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■(PHOTO:©CMLL)
今日はなんだか・・・、
毒のない中途半端な 「ピーコのファッションレポート」 みたいになってしまいました。こんな日もあるのです。次の試合に希望をつなげつつ、Arriba CMLL!(CMLL万歳)と無意味に媚びを売りながら、これにて締めたいと思います。さよなら・サヨナラ・さよなら ヾ(^-^)ゞ ADIOS

2005年6月度 (6/6-7/3) ミスティコ 出場試合

6月A6日(月) アレナプエブラ
6月A7日(火) アレナコリセオ
6月11日() プラサデトーロスカレティージャ (アカプルコ)
6月12日() アレナコリセオ (グアダラハラ)

6月13日(月) バリオデサンアントニオ (プエブラ)
6月14日(火) アレナケレタロ (ケレタロ)
6月16日(木) アレナハラパ (ベラクルス)
6月17日(金) アレナメヒコ
6月18日() リエンソチャーロ (ゲレーロ・19:30スタート)
6月19日() アレナコリセオ

6月21日(火) アレナコリセオ
6月23日(木) アレナナウカルパン
6月24日(金) アレナメヒコ
6月26日() セントロクルトゥラルオアハケーニョ
6月26日() プラサプリンシパルデサンペドロチョルーラ

6月28日(火) アレナケレタロ (ケレタロ)
7月01日(金) アレナメヒコ

いい男さん いらっしゃい!

「笑っていいとも」の懐かしい往年のコーナータイトルを借用。風間トオルは、元気かしらん?
実態はつかんでいないのだが、私のブログを読んでくれている90%は恐らく男性だと思う。残り10%を占める女性の大半は多分私の友人。彼女達の中に格闘ファンは皆無。義理で読んでくれている厚い友情を持つ仲間達である。これも私の人格の成せる技ですけどね!(^▽^)
…今、読んで即座に去ろうとした貴女、ちょっと待ったァァ!今日は貴女に捧げるテーマです。

安芸乃島唐突だが、私は面食いではない。そりゃぁ、好きな男性芸能人は?と聞かれれば、織田裕二,J.デップ,G.ピアース…とキリがないが、力士では朝青龍の前は長い間、安芸乃島 が好きだった 取組以外にルックスも。
そんな私、ココでルチャを見るようになって、女性をターゲットにしたセクシー系ルチャドールを見た時にはキモくて鳥肌が立った。でも彼らの試合をマジに見てみると、これが結構男っぽいんである!それでちょっと見直したのと、中にはこういう系に興味がある女性も多いかと思い(?)、今回は、メキシコのイケメン・ルチャドールたちを紹介したいと思いまっす。


ラティン・ラバーまずは、Latin Lover (AAA所属・テクニコ)
(1967年10月25日モンテレイ出身, 水星人- 185センチ・98キロ)

名前からしてエロい。情報収集のために検索したら、エロいラテンなサイトばかりがヒット。彼のコスチュームはいつも急所部分にハートや唇といったマークが描かれてて、見てる方が恥ずかすぃ。(≧_≦)しかし、SEXYないでたちとは裏腹に、かなりオトコなルチャを見せる彼。美しいだけではルチャドールはダメなんですね。1992年にMaskマッチで敗退。それ以降、素顔でやっています。



イントカブレお次は、Intocable (AAA所属・テクニコ)
(1976年9月9日シティ出身, 土星人+ 180センチ・87キロ)

あれ?どっかで聞いたことがある。と思った貴女はメキシコ音楽通。その通りです、メキシコ人気歌手グループIntocableから来てるんです。入場曲は大ヒット「Y todo para que」。私の大好きな曲、そんなクネクネ踊りと一緒に使うな~!本家の許可は得ていますか!?※6/18(土) Torreon, Psicosis戦にて脊髄を損傷し、集中治療室に入っています。近日中にモンテレイからシティへ転院予定。予断を許せない危険な状態が未だ続いています。(6/27追記)


ヘビー・メタルそして、Heavy Metal (CMLL所属・テクニコ)
(1970年10月4日シティ出身, 水星人+ 173センチ・88キロ)

彼はSEXY路線というわけではないが、明らかに男前なのでここで紹介。元ロック歌手(?)でNegro CasasとFelinoの弟であり・Casas三兄弟の三男坊である。
童顔なので、てっきり私より年下の若造だと思っていたのだが、なんと年上のお兄サマ!私の同級生にどれだけ彼よりオッサンが多いことか…(私もだが。)甘い路線ではなく、かなり硬派な感じで人気です。


最後は、ジャ・ジャーン!真打ちMistico登場。彼が出ずにどーするこのブログ!

覆面レスラーの素顔に興味ある?と言っても、彼は覆面だから素顔が分からないんですよねー。マーク・ハント

私の中では、このマスクが彼の顔。
そこで、ミスティコの素顔を知っている人が、どんな顔をしているか?こっそり教えてくれました。彼の顔はK-1のMark Huntを痩せさせた感じとのこと。うーん微妙、っすね・・・。

A■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■(参考:© K-1のMark Hunt)

どうでしょう?日本の奥様方。メキシコのイケメンレスラー達のレベルは高かったですか。
え?「お宅のご主人の方がずっとレベル高い」って?そりゃ~、そうでしょーね!(´д`)ハイハイでも、日本にはイイ男がいないわァ...とお嘆きの独身の貴女に朗報です!ここではレスラーの追っかけは少ない、まずいません。(女は男に追いかけられてナンボの国ですから…)
だから競争率は低い、チャンスなのです!(綾小路きみまろ風に叫んでます)
無論、私は協力は一切出来ません。貸せるお金もありませんので、貢いで捨てられたりしても 責任は持てませんので悪しからず、ということで…。((((( ・・)サササッ

テーマ:ルチャリブレ - ジャンル:スポーツ


6/17(金) Arena Mexico ~Juicio Final (髪切り/金網マッチ)

予想はしてたがここまでの人出とは…!今日のチケットは異例の1週間前からの販売だった。

20050617_1良い席はダフ屋に買い占められることは目に見えていたし、こういうBIGな興行は会場で見れるだけでも十分♪と思っていたので、試合当日、いつも通りの時間にチケット窓口へ。既にリングサイド席どころか一般席も完売。私たちはバルコニー席で見ることになった。このバルコニー席、いやーこれが思ったより良かったですよ。リング全景が見えるし、会場の様子もよく見えました。

ちなみに今日は最上階の階段席まで満席。大相撲だったら「満員御礼」の垂れ幕が下がって間違いなしの16000人に近い観客数でした。ちなみにチケット価格は普段の3倍。本日出場のルチャドール達の試合後のフトコロはさぞかし温かったことでしょう!


本日の対戦: Juicio Final (敗者髪切り/覆面剥ぎ・金網デスマッチ)
Universo 2000, Heavy Metal, Negro Casas, Mistico, ●Macara Magica,
Hijo del Perro Aguayo, ○Damian 666, Hector Garza, Halloween


この計9人が、頭髪/マスクを賭けて金網の張ったリングの中で対戦。最初の5分は金網内にいなくてはならず、その時間を経過したあとは脱出が許される。最後まで残った者が敗者となる。

20050617_2今日のMisticoは、なかなかいい仕事しました!最初からPerro Jr.に場外で因縁をつけられ、(その間私は、「ちょっとォ、あんたたち金網入んなさいよ~!(`Д´)クワッ」って叫んでた)そのPerro Jr.が入り口の鍵を閉めてしまい、Misticoはリングに入ることができなくなったので、外側からよじ登り、最上部からジャーァンプ!してリング内へ。高所恐怖症の我が父に見せたかった彼の雄姿でした。


Juicio Finalのチラシ結果(以下脱出順)
1. Hijo del Perro Aguayo
2. Universo 2000
3. Halloween
4. Negro Casas
5. Heavy Metal
6. Hector Garza
7. Mistico
8. Damian 666

最後に観客前で坊主になったのは、Mascara Magicaでした~~!!


20050617_3一番にPerro Jr.が脱出してしまったこの一戦、早々に観客の見る気を失わせてしまったのも確か。この中ではマイナー選手の誰かが坊主になるだろうってことは誰もが事前予想しつつ、やっぱ番狂わせを期待するもんじゃない?だって、入場料いつもの3倍払ってますから!それが、期待していたPerro Jr.Misticoの因縁対決は見れず、それじゃぁとvs. Hectorを期待するものの、Hectorも颯爽と脱出しちゃった。「ミスティコは負けない」って観客誰もが分かっていたけど、顔の半分は見えてたマスク状態でギリギリまでリングに残ってくれて、ファンサービスにおいても頑張ってました!最後に残った2人のうちDamian 666は、メイクの80%がハゲてしまい、落ち武者髪も終了前に抜けきってしまったらどうしよう?と私を心配させました。(嘘)


20050617_4ところでこの金網の組立て。私は初めて見たのですが、早いですね~。日本では20-30分かかるそうですが、こちらはガタイの良い男5人衆×2チームが「この日のために練習しました!」とばかりにお揃いの黄色のシャツ(愛は地球を救う、系)を着て、すごい早業で設置していきました。メキシコのルチャは日本と違い、間に15分休憩といったものが一切入りません、だから観客を飽きさせてはいけない。その間、エスコートガール達のSEXYダンスや、Tシャツプレゼントなどがありました。そういえばミスティコも入場時、気前よくプレゼントを投げまくっていたけど、マスクかなぁ?「俺のマスクが破られたらこれを投げておくれよ…」ってな感じで?(^m^)ププ


本日は上記の目玉試合以外でも、スーペルエストレージャ達のイカす試合の連続でした!!

20050617_5その中でも良かったのが第3戦目のDr. Wagner(右
どーしてこれをTV放送しないんだ、Galavision!?(`ω´)

WagnerとPierrothの女性セコンドとの絡みがヒジョーに良かった!女だけど容赦せず、場外でもリングでも攻撃しまくりで、屁タレなくせに彼女を責めるPierrothのダメっぷりに、私はお腹を抱えて笑ってしまいました。(私は、ずっと彼女をPierrothの妻かと思っていたのですが違うようで。ガタイの良さからして絶対プロレス関係のヒトでしょうが・・・。)


20050617_6
手前) それと、セミでのGroond XXX・・・。
見ていて可哀そうになりました。おそらく彼の体は既に悲鳴を上げそうなぐらい限界にあり、足は動かすこともままならないのでしょう。魅せ場を作る以前に、テクニコなのにあそこまで観客から激しくブーイングを受けるとは…。受身も非常に危なかった。彼がアレナメヒコの舞台から去る日も遠くないかもしれません。華やかに見えても厳しい世界ですね。
「観客がルチャドールを殺す。」
そんな場面を見た、今日でした。

■■■■■■■■■■■■(PHOTO:©CMLL, boxylucha)

テーマ:ルチャリブレ - ジャンル:スポーツ


敗者・覆面剥ぎ/髪切りマッチ

毎年1回恒例となっている、CMLL興行「Juicio Final」が本日(6/17)、開催される。
今回はミスティコ+8人のルチャドールの参加による「敗者・覆面剥ぎ/髪切りマッチ」である。
この、両者がレスラーの生命線とも言えるマスクや頭髪を賭けたマッチ(以下Mask/Hairマッチと呼ぶ)、聞いてみると色々な決まりごとがあるのだ。

まずはMaskマッチ。そもそも、メキシコのルチャドール達はレスラー免許なるものを所持していて、それは当該ルチャドールの住所証明のある州で発行される。ミスティコが、今回負けると仮定して、Maskを脱いだとしよう。さて、次回また彼がMaskを賭けた試合ができるのはいつか?もし彼がメキシコD.F.に登録をしているレスラーであれば、それが出来るのは5年後で、メキシコ州の免許所持者であれば2年後である。(という風に州によって規定期間が異なる。)
Maskマッチで負けるということは、そのマスクの価値が消滅したことを意味し、この期間はその価値が回復するのに設けられると言える。だが実際は、敗戦後に同じマスクで戦い続けることは難しく、違うマスクと別の名前で再デビューしたり、この際開き直って素顔で勝負したりする。

仮面を脱いだショッケル

その成功例が、AAAに先月移籍した1000% Guapo(ハンサム)ことShocker。99年SupershockerでMaskマッチにて敗戦。ルックスのよさを生かし、素顔になって大成功!というが、彼はそんなにハンサムなのか…?ま、それは個人的な趣味の問題ですかね。彼はCMLLの大スターだったので、2005年5月にAAAに移籍が発表されたときのファンの衝撃は大きかった。

続いてHairマッチ。今、ロン毛といえばHijo del Perro Aguayoで、以前紹介した、その父上のPerro Aguayoは悪玉の超スーパースターであった。当然ながら、同じHairマッチでも彼らのようにロン毛が象徴となっているルチャドールの髪の価値は非常に高い
例えば、アレナメヒコの通常試合でスター選手に支払われるギャラは、800ペソ(約8千円)-1200ペソ(約1万2千円)が相場と言われているが、Hairマッチの様な特別試合には1万ペソ(約10万円)-2万ペソ(約20万円)という高ギャラが支払われる。過去に10万ペソ(約100万円)という試合もあった。髪はすぐ伸びるので、最低3ヶ月の待機を経て再びHairマッチの参加ができる。

坊主になったぺロ・アグアージョ

悪の総本家、Perro Aguayoはパン職人・ボクサーを経てルチャリブレ入り。Hairマッチで115戦勝利、20人のマスクを奪った。1993年のトリプレマニアでの血闘を見たがすごい迫力だった。息子のPerro Jr.は今まで7戦のHairマッチを経験、未だ負け知らず。だが実力のほどは…?で、2世の典型でもあるように「名前負け」という声もあるが、サラブレットとして、相当優遇されていることは確かである。

ところで、再三、当人同士が吠えているMistico VS. Perro Jr.Mask/Hairマッチ。実現するのはいつになるかしら?と、わくわくしながら識者に質問すると、「きっと実現することはないだろう」という答え。理由はどちらかがMaskないしHairを失った時のプロモーターの利益損害を考えると、実現可能な話ではないというわけである。そしてこの様に当人同士が言い続け、盛り上げ続けたのに関わらず、実現しなかった対戦例がいくつもあるというのだ。

スーペルパルカの髪切りまた、Maskマッチで負けたルチャドールが、観衆の前で丸刈りになることを拒んだり、素顔をさらさなかったりという、所謂インチキなマッチもこれまで幾度とあったという。前出の識者いわく、「観衆は結果を最後まで見届ける権利がある。」・・・私も大きく、うなずいた。

本日の試合、果たして負けるのは誰か?次回のレポートでご報告!
(2005年5月28日 Tijunaにて丸刈りになる Superparka→)

テーマ:ルチャリブレ - ジャンル:スポーツ


6/10(金) 非番のミスティコ Arena Mexicoに乱入!

今日は、6/17(金)開催の「Juicio Final」に向けての前哨戦。ミスティコを除いた8人の選手が参加した。これ、元はアメリカのプロレス団体のイベントであり、所謂コピーイベントである。

ミスティコ乱入!と、いうわけでミスティコの出場試合じゃなかったし、レポートを書く気はなかったのだが、さすがCMLLの看板・ミスティコ!OFFの日であっても颯爽と乱入した。彼は花形営業マンですね。この写真では遠くて見えないが、私も持ってるミスティコTシャツを着ていた。もちろん彼は、私とおそろいなんてこと露知らず!そして見逃してならなかったのは、右手に私の苦手な黄色のリストバンド(↓写真・右)をしていたこと。これ(LIFESTRONG by Nike)、売り上げは「ガン撲滅」基金に寄付されるそうですね。赤い羽根をつけるようなものですか?但し、メキシコのは大部分がパッチもんだと私は確信してます。だって露店で売ってますもの。

ナイキ・リストバンド日本での流行は既にシフトしていて、今は「人種差別撤廃」をテーマにした白と黒(←写真・左)STANDUP SPEAKUPが旬らしいですねー。私はこれに物申したい!人種差別問題を研究テーマにしていた兄を持つ私、この手の話題には敏感。エセな人種差別反対イベントはキライです。この世に多種多様な人種が存在する限り、差別は絶対なくならない。これが私の持論。このグッズを発案したのが、どちら側の人間なのか?非常に興味ありますね。メキシコでは、まだこの白黒バージョンの波はそんなに来ていないけど、さて流行るかな?まー、皆コンセプトなんてそんなに意識せずにつけるんでしょうけども・・・。

マイケル無罪確定!この白黒バンドを見て、私は即座に、M.ジャクソンを連想した。こちらでは毎週日曜、彼のそっくりさん俳優を使って件の公判の模様を再現し、コメンテーターがあれこれ(マジで)論ずる、私の超お気に入りの下世話な番組がある。米国のケーブル番組なのでスペイン語字幕がなく、私にこれほど英語のヒヤリングを頑張らせた教材はなかった。もうこの番組も終わりかなぁ?くすん。

テーマ:ルチャリブレ - ジャンル:スポーツ


ルチャドール移籍時の 「新」加勢大周 問題

先日もちらっと紹介した、この「筋肉オトコ」Gronda(現Groond XXX)。トリプレ・ア(AAA)からこの度独立しフリーになった。ルチャドールの移籍時には、元所属の団体が今まで使っていたリング名の使用権利を主張することが多い。それがルチャドールを悩ます問題の種のようだ。

グロンダGroond XXXは、1980年1月11日・国境ティファナ生まれ。治安の悪さは、メキシコシティ以上といわれる犯罪都市で育った彼は、自分の精神年齢を35歳位だと語っている。学士号(Licenciado)を取りたかった彼は、栄養学を専攻。15歳からのインストラクター経験も生かし、栄養のバランス・十分な睡眠・日々の鍛錬、により現在の芸術的な肉体を造りあげた。AAAに志願した時には、15のキャラクターを考え持参。その中で現在のGrondaが選ばれた。この筋肉キャラクター、モデルは、以前彼がメルカードで偶然見つけた悪魔の人形である。Grondaとはイタリア語であり、(怪獣の形の)吐水口の意味である。もめたようですが結局、AAA離籍後の新しい名前は、Groond XXXで決まりですかねー...?

グロンダ■■■■■■■■■(このカラダ、着ぐるみじゃありません!→)
2001年9月、モンテレイでデビュー。後の試合で足を損傷し、9ヶ月の療養生活を送るが、完治せぬまま、AAAの意向により再復帰。膝からくるぶしまでの骨は金属を使用している。骨の調子はいいものの感染症が多少あり、再手術と約4ヶ月の療養が必要、と医師から言われている今休める暇はない、と彼はいう。ちなみにこの強靭な体は、1日6食・4Lの水・2杯のプロテイン・1キロのお米で保たれている。

■■■■■■■■■■■■(参考記事: 「El Halcon.Net」, 「boxylucha」 2005年6月6日号)

また、名前の使用権の問題ばかりでなく、今回の様に、せっかく彼が独自で考えたキャラクターであっても、AAA(Grondaの元所属団体)はキャラクターの使用権利を所有し続ける、と主張しているので、また新しい別の、筋肉モリモリGrondaがAAAで誕生する可能性が高い。そうなると、誰がオリジナルなのか?良く分からなくなってくるケースが多い。

私がよくこんがらったのがこの3人、見てください。まるで、間違い探しみたいでしょ?

blanco.jpgエレア・パルクblanco.jpgラ・パルカblanco.jpgスーペルパルカ










1.まずは、本家本元 L.A. Park (CMLL所属・フリー)
■■1992年5月よりLa Parkaとして活躍。CMLLへの移籍時に、AAAがキャラクター及び名前■■の使用権利を主張。裁判に敗訴し、2003年3月よりL.A. Parkに改名。太いカラダに骸骨■■ユニフォーム。このアンバランスが素敵です。名実ともに現役レスラー人気No.1と名高い。

2.二代目・La Parka (AAA所属)
■■1996年11月よりLa Parkaを襲名。公式ホームページ (スペイン語)まで持ってる。

3.名前は違うけど、Super Parka (スーパーマンが目印!)
■■キャラが完全にかぶってる。1997年3月よりこのお姿。過去にMascara戦で負け、5月に■■Cabellera戦で破れ坊主になってしまいました。今は素顔に坊主で勝負しています。L.A. ■■Park(1番)のイトコです。

これでは中味が変わっても分からない?と思いきや、技のクセでファンには分かるそうです。

ラ・パルカ&スーペルパルカ
(←ほっと一息中?の両人)

こんな、可愛いツーショット写真も見つけました。
La Parka (2番)と、Superparka (3番)です。
こうなってくると、なんだかどーでも良くなってきますね。
この一枚骸骨キャラ好きの私にはたまらん!じゅるる~。



テーマ:ルチャリブレ - ジャンル:スポーツ


6/7(火) Arena Coliseo ~ルチャ観戦は命懸け

アレナコリセオ戦。 今日は私にとってのプロレス観戦史上、最高であり最悪の日でもあった。

アレナコリセオアレナコリセオは、私がいつも行っているアレナメヒコと同様に、プロレス興行が常時行われている、メキシコシティ内の会場である。
興行日は、メヒコが毎週金曜なのに対し、コリセオは毎週火曜と日曜。規模は、メヒコが収容人数約16000人なのに対し、半分の約8000人で、決して治安のいいとは言えない場所に位置する。内部は非常にこじんまりしていて、よく言えばアットホームな会場である。リングに非常に近い感じだ。

場所柄のせいか、チケット価格のせいか?客層は、アレナメヒコより悪い印象。応援も野次も激しすぎる!よく言えば、より熱心な、プロレスファンと言えるが・・・。

競輪&競艇私は決して、淑女ぶって言うわけではないのだが、この応援を、外野として楽しんだ反面で、聞いてて疲れたし、正直あきれた。彼らは、自分が人様からどう見られているかなんてお構いなし、なんである。私は、これと同じような感覚を、日本でも感じたことがある。それは、競輪場および競艇場。ヨソモノのみ、感知することのできる、異様なオーラを彼らは放っている。いや、コリセオの観客と同じ範疇に入れてしまったら、西武園および平和島のオケラの皆様方は、お気を悪くされるかもしれない。だって、アレナコリセオの観客は、もっと感情むきだし、まさしく動物そのもの、なんだもの!!


本日の対戦:
Mistico, Dr. Wagner, Hijo de Lizmark VS. Ultimo Guerrero, Halloween, Damian 666

試合はほんわかムードの、緊迫感のないものだった。うん、笑わせる要素に重きを置いた感じ。試合終了後、なんと、ルチャドールたちが、観客席に降りてきた。「もしかして」という期待を込めて、私はリングそばまで駆けつけた。ミスティコは、業界の評判では、ファンに対してそっけない(言葉選んでますワタシ)とのことであり、サインも入手困難と、聞いていたが、なんと、そのミスティコと握手が出来たのです。しかも、目と目を合わせて!うひゃー、ファン冥利に尽きます。

白い瞳のコンタクト前から気になっていた、ミスティコの目の色。当初は、黒の目だったのだが、最近の写真では、薄いブルーに見える。目の錯覚かな?なんて思ってたけど、今日確認しました。なんと彼は、白のコンタクトレンズを装用しているのです。A■■■■(こんな感じ
沢田研二が使用していた、金色のカラコンに負けないキワモノ。


ミスティコとの握手に胸いっぱいで、「今日は最高だった!」なんて言いながらあとにした、アレナコリセオ会場。最悪の事件は、その帰途に、起きた。

路上強盗時間は夜の9時過ぎ。いつものメヒコ戦より2時間も早くて良かった…、と思いながら私ら女2人は地下鉄の駅に向かった。道はやや暗い程度。
(自己弁護のために言うが、そこは地下鉄へのルートであり、人通りもまばらではあるが、あった。)

若い男が私たちの脇を通った瞬間、イヤな予感が走った。男は振り返り、私たちに「HEY」と言った。気付いた時にはプラス4人、計5人の男が私たちを取り囲んでいた。2人が友人に向かい、3人は私のところへ。「バックをよこせ」「いやだ!」・・・今考えると、ここで咄嗟に抵抗した、自分が信じられない。防衛マニュアルに完全に反している!攻防の挙句、数発殴られ、床を数メートル引きずられた。でも私が女だったからか、激しい殴りではなかった。しばらくやり取りが続き、「警察だ!」の声が、遠くからしたような気がした。そして、奴らは去っていった。彼らがスタンガンの様なものを持っていたのも見えた。

軽い怪我ですんでよかった…私はバックを死守。友人は、犯人にすぐ財布を渡していた(冷静な対応だ)。私は、お金が惜しかったのではなく、他人に迷惑が波及する物が入っていたので渡したくなかった。幸い被害は、床をひきずられた時の若干のかすり傷、殴られた体のアザ、それと頭を道路に打ちつけた時にできたコブ程度で済んだ。
帰りは放心状態で、ホントは避けるべきと言われている危険度90%の流しのタクシー乗り、そこから去るしかなかった。家に着くまでの間、無事な帰着を神に祈った。

翌日、知人から聞いた話だが、私たちの行った場所は、ニートたち(いま流行の言葉ですね)が昼間から麻薬を路上で吸っているようなところで、さらにアレナコリセオの裏は、これは噂だが、地元のフダつき者の集う格闘場(ファイト・クラブ)があるのだそうだ・・・。

アレナコリセオ入口この出来事。多くの関係者が読んでくれているこのブログに書くかどうか、悩んだ。だが非難を承知で、自分への戒め、それとこれからメキシコにプロレス観戦に来るかもしれない方への警告の意味をこめて、あえて記述した。今回はこの事件が私にとってあまりにインパクト強すぎだったので、ぬるい試合のレポートは、ほとんど書く気ナッシングでした。

最後に・・・、日本の親愛なる、父よ、母よ、兄よ。心配かけて本当にごめんなさい。
このアレナコリセオへ行くのは今日を最後にします。(いやマジで)

テーマ:ルチャリブレ - ジャンル:スポーツ


6/3(金) Arena Mexico ~Gronda アレナメヒコ登場

本日は、筋肉オトコのGronda改めGroond XXX (結局、この名前に落ち着いたのかな?)のアレナメヒコデビューの日。収容人数・約16000人の会場に、12000人の観客が詰め掛けた。今日は、某ルチャドール氏と一緒の観戦だったため、招待席に座った私。そういうわけで、前もって券があり余裕だったので、会場には試合開始8:30ギリギリに入った。その時点の切符窓口の人の多さといったら!窓口の手際の悪さに、客が暴れんばかりだった。
私の独断意見だが、メキシコ人は概して、自分に甘く・他人に厳しい。そんなにイライラするなら、余裕持って、早く会場に着けばいいのにねぇ、と思うけどさ。


本日の対戦:
Mistico, Negro Casas, Heavy Metal VS. Hijo del Perro Aguayo, Hector Garza, Pierroth
20050603_1
・・・。
今日のMisticoもイイとこなし。マスクは1本目ですでに引きちぎられた。Perro Jr.が解説者席に破れたマスクを献上しにいってたけど、司会者も、「ど、どうも」というコメントしか言いようがなかった。途中、MisticoはPerro Jr.にリングコーナー上部にて、羽交い絞めされ、それをおちょくるように、合掌のポーズをとるHector Garza。たまらずMisticoが足をばたばたさせ、そのお子様っぷりに会場は思わず失笑。うわー、やっちゃった。


20050603_2


その後、マスク交換で退場。再登場の時にすかさず、私は見た!マスクの被り具合を。すでに紐がゆるそう。「いつでも取ってね♪」状態。・・・。(案の定、試合終了直後に取られました。)最後は、Misticoがいつもの18番Mistica(竜巻式脇固め、っていうんですね!)で勝利。ほんと、ONLYこれしか見せ場がなかった今日の彼。


私は、ミスティコを見るために試合観戦に行ってるのに関わらず、最近、試合終了後に、ミスティコの勇姿の映像が、記憶に残ることが少なくなった。それは脇を固めるエストレージャ(星)たちのほうがずっとずっと良いACTをするからである。彼は、ミスティコとしてのデビューは約1年であるが、別の名前でのレスラー歴を含めると7年目である。体が小さいという圧倒的不利を抱えながらも、持ち前の敏捷さとカリスマ性で、現在CMLLの看板をしょわされている。が、明らかに格上のレスラーたちに「勝たせてもらっている」試合がいつまで続けられるのか?心配である。観衆は、いつまでも「竜巻式脇固め」だけではついてこないよ。ホントに!頑張って欲しい!!


エクトル・ガルサ追記になってしまったが、最近いつも試合で絡んでいる、ルードのHector Garza (はすごい。技・体のつくりこみ・演技力。Actorとしても一流だ。彼のルチャを観ると、「いやー、今日も来た甲斐があるなぁ」って思う。

1969年6月12日モンテレイ生・水星人-, 180cm 95kg
所持タイトル: CMLL世界トリオ, FILL L・ヘビー級,
UWA世界ミドル級, IWC世界ヘビー級, 国内L・ヘビー級
見えない力に弱い私、ここでは言及しないが、私生活ではちょっとお騒がせオトコである。


さあさあ、気を取り直して!
今日のメインの試合よ!12000人のファンはこれを観るために集まったのだ。

20050603_3Dr. Wagner, L.A. Park,Groond XXX VS. Ultimo Guerrero, Rey Bucanero, Olimpico

以上、ライトヘビー級の太い面々。すごい、すごいぞ!各々の巨体が私たちに息をもつかせず、ぴょんぴょん飛びまくるんだもの。20050603_5








20050603_4
骸骨オトコL.A. Park (上)は、115キロの自分の巨体をものともせず、飛ぶ飛ぶ。それを受けるUltimo Guerreroも見事。Groondは、94キロBucanero93キロU. Guerrero の両名・太い奴らををいっぺんに両手を使って、返したりするし。写真中央)ものすごい腕力だ!・・・てなわけで、今日はこのメインの試合が非常に大満足。前出のルチャドール氏と共に、鼻息荒く会場を出た私であった。

他には、奥村&正田コンビが出た第2試合。圧倒的なスピード感を魅せたこの一戦は、第2試合ではもったいないぞCMLL!相手は先週と同じR・マルビン衆で、彼らが、先週の負けを取り戻し、奥村衆に勝利した。

A■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■(PHOTO: ©CMLL)

テーマ:ルチャリブレ - ジャンル:スポーツ


速報! 「最後の審判」 ミスティコ参戦決定

取れたてほやほや・速報です!
先日お伝えした、5/17(金)に行われる、Juicio Final~敗者髪切り・金網マッチ
当初8名の選手の参加とされていましたが、本日アレナメヒコにて、ミスティコの参戦が決定。

題して、8 hairs & 1 mask」マッチ!

つまり…
髪切りマッチ参加者(テクニコ)テクニコチーム(善玉):

Universo 2000, Heavy Metal, Mascara Magica, Negro Casas




髪切りマッチ参加者(ルード)ルードチーム(悪玉):

Halloween, Damian 666, Hijo del Perro Aguayo, Hector Garza


のオリジナル面子に加えて…

ミスティコが参戦!
唐突に、ミスティコ!!(善玉)





が、激突します。ここでいきなりミスティコを入れたのは、ちょっと強引だし、なぜか1人だけマスクだし、頭数も合わないじゃん??、だけど、そういう細かいことは置いておいて…。乞うご期待!
この参戦、今日の試合終了後に、ミスティコが、Perro Jr.に、「次はお前と、Mascara vs Cabelleraだ~!」と前回の様に挑発し、それに乗ったPerro Jr.が、「お前も17日の金網マッチに参加しやがれ!」と言ったので、こういう運びになりました。

ふーん…。私は、6/17のアレナメヒコのカードを先日チェックした時に、ミスティコの名前がなくっておかしいなー。と思ってましたが、こういうシナリオだったんですね。でも絶対ミスティコもPerro Jr.も負けないでしょうね。だって、この2人の因縁対決は、絶対、シングルマッチ(Mano a Mano)でやってもらわなきゃ、ね!…コレで私も完全、にCMLLの手中にはまってます。

テーマ:ルチャリブレ - ジャンル:スポーツ


イラストレーター小技さん の作品紹介

私の大好きなイラストレーター・小技さん の描かれた、ミスティコのイラストを紹介します!

小技さんのミスティコ
■■■■■■■■■■■■■■■■Copyright © Kowaza 2005

とっても素敵ですね。特に、ミスティコの上半身がかなりイイと思います。これは先日行われた、
闘龍門8周年記念大会のワンシーンでしょうか?今後も、色々なイラスト期待しています (^_^)
7月19日、ドラゴンドアに参戦のミスティコ。後楽園ホールにて是非、生でご覧下さい。

・・・もっと、小技さんの作品を見たい方は、下のページへどうぞ!!(マジおすすめです)
■■小技のプロレス画集(HP) 
■■スポーツ雑誌投稿日記~常連への道(blog)

■■※本画像の著作権は、小技さんに帰属し、コピー/転載はお断りさせていただきます・・・。

テーマ:ルチャリブレ - ジャンル:スポーツ


5/27(金) Arena Mexico ~高所からの無謀なジャンプ!

今日は我々、約1400円のチケット・前から9列目。どんな席だったと思いますかっ?
なんと、解説者席の真後ろ!!ダフ屋から買ったんじゃないんですよ。
会場には、19:30に到着。特別早く着いたわけでもなく、リングサイドのチケットを売る2つの窓のうち、いつも買う窓と違う方で購入したのです。
いや~、何回も来れば、こんなことも、あるんですね~。(水野治郎調で、言ってます)

解説者席。日本だったら、レスラーたちの乱闘直撃が必至ですよね?こちらは到って穏やか、解説者陣はモニターを見ながら、パスタみたいの食べながら、司会進行しています。ルード(悪玉)からの挑発も、軽く交わします。コドモたちのサインにも応えます。途中でトイレにも行きます。そして極めつけは、(実は、今日の試合の最後は、勝敗決定後にちょっと混沌とした雰囲気になりまして、ルチャドール同士の乱闘が始まったんですが)彼らはそんな乱闘・関係なし。収録が終わったら、サッサとみなさん、お帰りになりました。「5時から男」、かよ!(´Д`)


本日の対戦: Ruleta VS Reloj (ルーレットタイムアタック)
Mistico, Negro Casas, Heavy Metal, Universo 2000, Mascara Magica VS. Hector Garza, Halloween, Damian 666, Tarzan Boy, El Terrible

【試合のルール】
1. テクニコ(善玉)・ルード(悪玉)、各チームのキャプテンを定める
2. 各キャプテンが、出場選手の順番を決める
3. 3分毎に、各チームから一人ずつ参戦
4. 最初にリング上にいるのは各チームからの2人、その後4人、6人と増えていく
5. カウント3で負けた選手はリング外に出ること

そして、今日が初めての試みとなる、このルールで試合が始まった。
この豪華スターがあちこちで絡むわけですから、気が散って、誰に焦点を当てて見て良いか困りました。同時にあちこちで、男の急所を狙った攻撃・場外乱闘が起きてるし。そしていつもの如く、Tijuana Familyの2人(Halloween & Damian 666)は竹刀振り回して暴れてる。この2人、毎回竹刀を持ってくるが、どこで購入しているのか?剣道ショップがシティにはあるか?にしても、マニアックだ。私がTV観戦含め、見ているだけでも、相当数の竹刀が壊されている。今日もNegro Casasにズタズタにされてたぞ!

20050527_1
試合は、最終的にHector Garzaがカウント3で負け、テクニコの勝利。
しょっぱなからMisticoが、花道入り口の上方から落下しての、Hector攻撃で見せ場を作り、最後の決定打は、Misticoを抑えようとしたHectorが反対に、逆でんぐり返し状態にされ、MisticoとイケメンHeavy Metalの2人に押さえこまれて、勝負が決まった。


この試合、これから後が大変!もう結果は出たというのに、各選手が場外で乱闘になった。ミスティコのお相手は、もちろんHector Garza。カメラクルーも帰ってしまったが、それは続き、ミスティコはHectorにマスク破られまくり!今日の破り方は、かなり遺恨が入ってたカンジで、マジでした。会場の観客たちもどよめきだし、ガードマンも野放しでしたので、ミスティコの素顔見たさに、私もリングぎりぎりまで馳せ参じましたわよ!隣にいた、興奮した太い姉ちゃんが、「Matalo! Matalo!(ミスティコを殺せ!)」と叫んでいる姿は殺気じみておりました・・・。
近くのコドモ達も怯えてたぞ((((;゚Д゚)))プルプル。私なんて、ホント、可愛いファンです。

ウラカン・ラミレス今日のミスティコ、ファンから投げ込まれる緊急マスクが、次々とHectorに破られてしまうものですから、最後は全然違う選手のマスク(しかもお土産屋で売っているやつ。ダサすぎる!)を被り、フラフラと退場してった。それでもガッツポーズしてたけど・・・。あんなミスティコ見たくなかったよー!!(←この方のマスクで退場。写真引用・申し訳ない!)



20050527_2他の見どころは、というと、

先週、Ultimo Guerrero (右)を破った、Dos Caras Jr.が、今日は、L・ヘビー級CMLL世界タイトルに挑戦。しかし、Dos Caras Jr.の健闘空しく、ベルトは王者であるUltimo Guerreroが死守した。

「お前はまだ、俺のレベルに追いついてねぇだよ!」
と、ルード・Ultimo Guerreroは吠えてました。



ドス・カラス・ジュニア



しかしまァー、Dos Caras Jr.は近くで見ると、マジ、でかいですね。(197cm・96kg 1977年5月25日ポトシ生 金星人-)

お父様は言わずと知れたDos Carasです。偉大な父に憧れ、レスラーになりました。デビュー戦はなんと日本の下関。そのお父様と一緒でした。ご覧になった方も、いるのでは?

■■■■■■■■■■(川合俊一では、ありません!笑→)



20050527_3

(←第2戦目・奥村選手も見事なルードっぷりで勝利!)

私が会場に毎週足を運んでしまう理由は、やっぱり放送外の出来事が非常に多いこと。「あれってヤラセだよね~」なんて、繰り返し帰途で、今日のネタを仲間と話すのが好きなんです。メキシコでルチャは、はっきり言って、下の階級の人々の娯楽。それでも映画代(約500円)よりは高いわけですから、約3時間弱、ルチャドール達は、本当に魅せてくれます。


試合後はクタクタ・・
ところで私、毎回全試合が終わると、魂が抜けたように非常に疲れるんですよね。まるで、一緒に闘っているようです。
こんな命懸けの私の応援、ミスティコは全然、気づいてくれてないんだけどね!!・・・

■■■■■■■■(再現・試合後の私、 撮影協力: ミスティコ→)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■(PHOTO:©boxylucha, lucha2000)

テーマ:ルチャリブレ - ジャンル:スポーツ




PROFILE

KAORI (カオ)
  • TEXT: KAORI (カオ)
  • メキシコ D.F.在住。
    好きなルチャドールは、ミスティコ。私自身は、152センチのミニ部門。「オンナコドモにも分かるルチャリブレ情報」を目指してまーす。
    たまに過去記事に追記をしています。お暇な時にご覧くださいませ。

  • CONTENTS

  • PROFILE (1)
  • INTERVIEW (5)
  • SHOW 2006 (13)
  • SHOW 2005 (33)
  • TORYUMON (13)
  • HAIR/MASK (1)
  • RIGHTS (1)
  • GOODS (1)
  • TICKET (1)
  • MAGAZINE (4)
  • COMIC (1)
  • HANDSOMES (1)
  • JAPANESE (1)
  • SENIORS (1)
  • GAYS (1)
  • REFEREE (3)
  • KEMONITO (3)
  • ILLUSTRATION (1)
  • CINEMA (1)
  • ASSAILANT (1)
  • NEWS/GOSSIP (12)
  • SUMO (12)
  • SCHEDULE (20)

  • ARCHIVES

  • 2008年03月
  • 2006年12月
  • 2006年11月
  • 2006年10月
  • 2006年09月
  • 2006年08月
  • 2006年07月
  • 2006年06月
  • 2006年05月
  • 2006年04月
  • 2006年03月
  • 2006年02月
  • 2006年01月
  • 2005年12月
  • 2005年11月
  • 2005年10月
  • 2005年09月
  • 2005年08月
  • 2005年07月
  • 2005年06月
  • 2005年05月

  • LUCHA LIBRE LINKS

  • CMLL
  • AAA
  • BOX Y LUCHA
  • El Halcon.NET
  • SuperLUCHAS
  • CMLLBLOG
  • Lucha Wiki
  • ROSTERS (選手名鑑)
  • ALEXIS CMLL (写真)
  • Lucha Va Voom
  • Los luchadores
  • El Martiene (ルチャバー)
  • 自己満足ルチャリブレ
  • F-G-E (闘龍門ファンサイト)
  • 小技のプロレス画集

  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。