勝手にMistico!! from Mexico City
メキシカンプロレスの超★売れっ子ルチャドール、ミスティコに勝手に捧げるラブコールblogです。 「120%ミスティコ寄り」のルチャリブレ情報を、メキシコシティよりアツくお届けします。(2005.5-)
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


9/23(金) Arena Mexico ~VS. Ultimo Guerrero (シングルマッチ)

ルチャは不況知らずか?ビッグマッチの翌週だというのに結構混んでましたね。彼らの平均月収の低さからしてこんなに毎週来られるっていうのはすごいと思います。

どうやらルチャファンと相撲ファンというのはリンクしていないようなので、相撲に興味のない方には話を引っ張って申し訳ないのですが、とにかく秋場所が良かったわけですよ。で、アレナメヒコの試合の前日に見たのが、例の朝青龍 VS. 琴欧州戦。比較するなというのが無理!そんなわけで、今日の試合は一段とゆるく見えたこと。まあ、ルチャはそれでいいんですけどね!


セミ (El Santo 生誕88周年記念トーナメント):
20050923_1
Hijo del Santo, Dr. Wagner,
Atlantis, Negro Casas, Ultimo Dragon, Bronco, Universo 2000, Lizmark Jr., Pierroth, Perro Aguayo Jr., Nakamura, Tanahashi, Tarzan Boy, Olimpico,
Rey Bucanero, Averno


計16名、超豪華な出場メンバーなんだけど、いわゆる勝ち抜き戦です。この形式の試合って見てて気持ちが分散するし、ルチャドールの手抜き具合もモロ見えするんですよね。


ちなみに私は、このHijo del Santo(があまり・・・好きじゃない。
※以下、ルチャに詳しい方はご存知の新しくもない話なので、読み飛ばしてくださいませ※

サントの孫 アクセルSanto(祖父)・Hijo del Santo(息子)・Axel(孫)という系図はご存知の方多いと思う。だがこのAxel(はHijo del Santoの息子ではなく、彼の兄弟の息子、つまり甥である。でもSantoの孫であるのは間違いないわけで、デビュー当時はNieto del Santo(Santoの孫の意)という名を使用していた。それにイチャモンをつけたのがHijo del Santo。Santoのビッグネームは相当なビッグマネーをもたらすらしく、「Santoの名前とマスクは使わせねえと両者間で争いになり、孫はAxelへ改名した。2人の確執は、孫がノーコメントを決め込む以上知る由もないが、近親間での金銭をめぐる争いは恐ろしいわっ!と私のような一般庶民は震えるのであった・・・


20050923_2Nakamura&Tanahashi(は、ヒジョーに良かった!
2人とも、ルチャムーブがとってもとっても、板についてきた

20050923_3








ところでNakamura (写真右)ってよく見ると、結構なで肩なんですね
なんと彼、今日はHijo del Santoからフォールを奪ったんです!でも、どうして直後にUniverso 2000なんかにやられたんだーっ Universo 2000って何で目の回り黒い縁取りメークしてるんだか。反射よけだったりするのかしら?屋内ですれけど。


20050923_4今日の一番の話題は!
このトーナメントで優勝したAtlantis正式なルード転向。可哀想なぐらいのブーイングで、私にはむしろDr. Wagnerのほうがルードに見えてきたぞ。Atlantisもいい歳こいて、10歳も下のU. Guerreroに仲間として認められて、マジで喜んでんじゃないよ
Bucaneroは納得してなかった。Olimpicoや、一応GdIの一員であるTarzan Boyは既にいなかったけど(彼らしいワ)どうなのかな。まさかこの同盟宣言で、GdIが解散ってことはないと思うけど…?

A■■■■■■■(2人の熱い抱擁が、なんだかソラゾラしい→)



つまんなかったという割には、ちょっと話が長くなってきた。次、行きます。
メイン (シングルマッチ):  ○ Mistico VS. Ultimo Guerrero

20050923_5
いやァ~、しょっぱかったですね (いきなりか!)
まあ、Misticoは贔屓目にみてあげると、怪我のあとで本調子じゃないのかもしれないけど、1・2ラウンド連続でソッコーに決まりすぎでないの?2ラウンド終了時点でまだ22:30ですよ。
この終わり方、試合後に2人とも合コンの予定でもあって急いでるんちゃうの?ってほど早かった。

(←暴風神父が、「無病息災」の十字を切る)


20050923_6
で、3ラウンド目は15分ぐらいで終わったかな。
ミスティカはいまいちに終わり、新ルードのAtlantisの乱入でUltimo Guerreroの反則負け。お得意のマスク破りに加えて、今日はMisticoのズボンまで破っちゃった!
私はMisticoのアンダーパンツは以前から白だと予想していましたが、やっぱり白でした(って、何ウキウキしてんだか)


これをレイプと呼ばずして何と呼ぶ~?
20050923_7
Dr. WagnerもMisticoを助けに最後に乱入したけどおっさん、時すでに遅いねん Misticoはまるで陵辱されたかの如く、ボロボロと退場していった…。

彼は辛口ファンの間では、Lagartito(トカゲちゃん)と呼ばれています。Guerreroに張り付く姿はまさしくそんな感じ。うまいこと言いますよね写真上)


A■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■(PHOTO: ©CMLL)

スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ


9/25(日) 大相撲秋場所 千秋楽 ~ドルジ、6連覇優勝を決める

13日目の朝青龍 VS. 琴欧州 戦は、見てて本当にチカラが入りましたね。
私は夜中3時半(日本時間17時半)に起床しネット観戦のスタンバイ、まるで夜型の受験生
が、案の定相撲協会のサーバーは大混雑で、もう無理…と思った両力士・呼び出し直前!
聖母・グアダルーペの思し召しか?接続が、できた~

グアダルーペ聖母像






グアダルーペは、メキシコ人が信仰する褐色の聖母様です。


といった、軽めのメキシコ情報もジャブとして加えつつ・・・、
迎えました千秋楽!中入り後から、途中サイトダウンもなくしっかり中継を見ることができました。

2005092212日目までの、ブルガリア関脇・琴欧州は12戦全勝。
モンゴル横綱・朝青龍に2つの星の差をつけ今場所は優勝か?ドルジの6連覇優勝(史上タイ記録)を阻むんでないの?と思われたが・・・



20050923


13日目: ○朝青龍 VS. 琴欧州●
14日目: ●琴欧州 VS. 稀勢の里○

・・・と琴欧州、痛恨の2連敗!こりゃ絶対絶命

(このフテブテしい態度がルード横綱としてお年寄りに嫌われちゃう要因でもあるらしい→)

と、ついに2人の星の差が並んだぁ!誰もが、朝青龍と琴欧州の優勝決定戦を心待ちにした

千秋楽: ●千代大海 VS. 琴欧州○
千秋楽: ○朝青龍■AVS. 栃東●

よっしゃよしゃ、これで優勝決定戦!と喜べませんよ。なんですか、あの栃東の負け方は
そんなんだからして、日本人力士はダメだの何だの言われるんじゃ!無気力なのか単にアガってしまったのかよく分からん。とにかく自爆し、前のめりで負けた栃東。ドルジだって「え、こんなんでこの懸賞金の束もらっていいの?」って顔してたぞ。この両大関の負けで、またもや露呈した日本人力士の不甲斐なさは大いに憂うべき深刻な問題だが、とりあえずおいておく・・・

20050925優勝決定戦: ○朝青龍 VS. 琴欧州●

呆気ない横綱ドルジの優勝だった。横綱は13日目の琴欧州戦に「全身全霊を掛けた」とインタビューで語っている。そのたかが一戦で琴欧州は自滅。全ての流れが横綱に変わった
・・・と、ここまでは一般のスポーツ評。来場所こそ大関取りだね琴欧州。と書こうとし食べてたドライカレーを喉に詰まらせそうになった1枚の写真横綱の隣を陣取る女性、アノ占いの先生ではありませぬか?角界の微妙なコネクションを垣間見て、急に暗~い気持ちになったのは私だけであろうか。

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ


8/28(日) 闘龍門自主興行 Part 1 ~鬼門ですが行きました

30th闘龍門チラシ今日で第30回を迎えたという、闘龍門自主興行。
私にとって鬼門であるアレナコリセオが、今日の会場
(参考記事: 私がアレナコリセオ付近で、強盗に遭った日

同日に開催されたメキシコシティ・マラソン大会により、交通網が一部封鎖。渋滞を予測し車で行くことは断念。仲間は5人だし時間帯も昼間だから大丈夫だろうと、ビクつきながらも地下鉄で行くことに。
結果から書くと無事でした。
でもこういった特別な興行でない限りは、私は好きではない場所。回りの雰囲気がね しょっぱなから重い話題で申し訳ないが…。


ウルティモ・ドラゴンと子供たち会場に少し早く到着。浅井さんがサムライTV放送のオープニング収録をしてた。そばにいるのは最終試合でタッグを組む ミル・マスカラス、ドス・カラスJr.、ウルティモ・ドラゴン のトリオ!(もちろん偽者で、チビっ子たちだけどね

私たちは、お土産屋を冷やかしたりしながら会場入り。意外と車で来た人もいてそのせいか遅れて入ってくる人も多かったです。3500人の観客が入ったとか。
(席は前から4列目、花道そばでした)



ここに闘龍門メヒコで頑張る選手たちを紹介。撮影はアタクシ 文句はウケつけないよ!
ポインタをあてると名前がでるよ (クリックしてちょこっと拡大)

新井注一郎blanco岡田かずちかblanco大原はじめblancoギジェルモチャンゴ秋葉




A■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■AIN JAPAN
パッション長谷川blancoバナナ千賀blanco堀口ひろみblanco松山勘十郎blancoミラニート・コレクションAT







コリセオ選手入場口応援の打ち合わせをしたり(成長したもんだ花道で記念撮影をしたりして、試合までの時間はあっという間に過ぎた。が、時間になってもなかなか選手が登場しない。メキシコ人たちの「早くしろ~」というピーピーいう口笛が聞こえたのか?10分遅れてやっと入場!花道から見ると、選手挨拶の時全員後ろ向きなんですよね。写真を撮り逃してしまった


ボラドールJr.私が一番楽しみにしていた、メキシコ人選手No.1はVolador Jr. (1981年1月26日モンクロバ生まれ 木星人-,170cm 77kg)
彼は、ミスティコと同様の飛び系ルチャドール。はっきり言ってもっと好待遇をされるべき実力者。Rey Misterioとコンビを組ませてみたいとファンの声も。ちなみにお父様は、Super Parkaね。

今日の自慢の1枚。隣に寄り添うは、実はアタクシ
A(記念すべき、有名人と初めて撮った2ショット写真なのだ)

試合の模様は、次回お伝えしますが、な ・ なんとなんと
プログラムには載っていなかった・・・、Volador Jr.Maximoもぶっ飛ぶような・・・、
私が愛してやまない、アノ人が登場したのです。 さてソノ人とは? (Part 2を待て


速報 ~9/16 CMLL72周年 アニベルサリオカード発表

5. Hijo del Perro Aguayo, Hector Garza VS. Universo 2000, Mascara Año 2000
4. U. Guerrero, Rey Bucanero, Tarzan Boy VS. Tanahashi, Okumura, Nakamura
3. Mistico, Dr. Wagner, Negro Casas VS. Terrible, Averno, Mephisto
2. U. Dragon, Heavy Metal, Felino VS. La Mascara, Sangre Azteca, Apolo Dantes
1. Pierrotito, P. Violencia, Sombrita VS. Bam Bam, U. Dragoncito, P. Olimpico

上記他、CMLL女子王座決定戦。メンバー変更の可能性あり。
試合開始は、通常通り 20:30からと最終決定した。

※目玉はセミの、Guerreros del Infierno VS. Yellow Wave オモい奴らの激突だ~!

テーマ:ルチャリブレ - ジャンル:スポーツ


2005年9月度 (8/29-10/2) ミスティコ 出場試合

8月29日(月) アレナプエブラ (プエブラ)
8月30日(火) アレナナウカルパン (エスタドデメヒコ)
8月31日(水) アレナミルパアルタ
9月A2日(金) アレナメヒコ
9月A3日() アレナロペスマテオス (エスタドデメヒコ)
9月A4日() パルケレボルシオン (クリアカン)

9/5-9/11は、怪我のため休養

9月13日(火) アレナコリセオ (グアダラハラ)
9月14日(水) アウディトリオミゲルバラガン (サンルイスポトシ)
9月16日(金) コロニアアンプリアシオンミゲルイダルゴ
9月16日(金) アレナメヒコ
9月17日() アウディトリオムニンシパル (トレオン)

9月20日(火) アレナコリセオ
9月22日(木) アレナネサ (エスタドデメヒコ)
9月23日(金) アレナメヒコ
9月24日() パレンケ・デ・ラ・エクスポフェリア (ベラクルス)
9月25日() ヒムナシオ・ヌエボレオン

9月27日(火) アレナアフィシオン (パチューカ)
9月29日(木) アレナイサベル (クエルナバカ)
9月30日(金) アレナメヒコ
10月2日() アレナコリセオ
10月2日() アレナネサ (エスタドデメヒコ)

新しいルチャ雑誌が創刊!

ふーむ。今ってメキシコでも全体的にルチャリブレがブームなんですね。

なんと、新しいルチャ雑誌が創刊しました。
その名は、GUERREROS del Ring (13ペソ・月曜発売)!私は新しいものに疎いんですが、ボケッとTV観戦していた先週末 「創刊ナリ~」 と気合いの入ったCMが流れました。

で、早速モノは試しで買ってみたところ…、

「Guerreros del Ring」 創刊号期待はずれ、だな

創刊号でスペシャルなのか?サイズが大きいです。他の3誌と比べるのはまだ早いけど、はっきしいってお子様向けの感が否めない。記事なんてどうでもいい、お気に入りのルチャドールの写真だけが欲しいのよ、という人には良いかもしれないけど。(お土産には許容範囲!?)

よくファンの間でどの雑誌がいいか?って論争が繰り広げられてるんですが、この雑誌についてはいかんせん新しすぎて反応というのは、まだよく分からないですね。


この記念の創刊号、希望があったらプレゼントします。郵送料はオフコース、貴方もち!

…とか言ってみたいけど、メキシコから日本に無事に届く確率を考えると、難しいですね。
まあ要は、譲ってしましたいぐらいにイマイチだった。ってことです

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ


9/21(水) 大相撲秋場所 11日目 ~ドルジ、6連覇の夢破れたり?

ま、マジか…?


朝青龍、まさかの2敗目 (対 安美錦)
朝青龍 VS. 安美錦琴欧州 VS. 栃東
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■そして、琴欧州は全勝を守る!(対 栃東)


なんまいだーなんまいだー残り4日。

昨日までは、
全勝を守り続ける琴欧州が、1敗で追う朝青龍に14日目あたりで破れ千秋楽で優勝決定戦にもつれこむ…なんて期待してましたが。琴欧州の優勝は決まったか?天敵出現、大いによし。


テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ


9/16(金) Arena Mexico ~独立記念日とANIVERSARIO

先週は、年に1回のお祭りで、ホントーに盛り上がってましたメキシコ私は今回、初めてメキシコシティでの独立記念日を体験したのですが、地方のそれとは随分違いますね。

independencia_1やはり大統領のEl Grito(独立の雄叫び)が直接聞けるってのが良い。とはいえ、この独立記念日の行事は政治色のあるものではないので、大統領がこの役目を務めていいのかどうか?と国民の中も賛否両論があります。日本やスペインのように天皇や王様がいるわけではないので、仕方がないのでしょうが。でそんな大盛り上がりの中、私の心は…とにかくひたすら盛り下がっていた!


independencia_2いくらメキシコが好きだといっても、所詮は自分の国ではないわけですよそして植民された経験というのもない、遥か遠い国ハポン(はっきり言うと侵略側の国)からきた私にとっては、どうしても「ひとごと」なんだな・・・。
とか何とかいっちゃったりなんかして(広川太一郎風)も私の性根は祭り好き。こういうイベントはやはり体感してみたい!23時からのその雄叫びに備え、19時には既にソカロにいました。おいおいなんだか凄いやる気満々だな


さあ、GRITOだ!とにかく、屋台がたくさん出ていてそれを冷やかすだけでも楽しいのです。ムース缶や紙吹雪が入った卵が売っていて、見知らぬ同士掛け合ったりするのですが、イベント的には初詣と一緒ですね。
だけど…メキシコ人甘いね。あんなもんで「すごい人出」とか言っているようじゃ、チミたち、明治神宮や浅草寺・川崎大師の初詣を生きては帰れんよ。


independencia_3私は子供の頃から初詣に鍛えられた人間。あんな人出、楽勝中の楽勝。意外と思ったほどでもないな、というのが感想です。Gritoは演説があるわけじゃないので結構短い。でもその瞬間のメキシコ人の大盛り上がりが、野次馬としてはとっても楽しかったです。祭りですから喧嘩なんかもアチコチであり。万国共通だな、こういうことは
■■■■■(祭りのあとのお掃除。お疲れ様です→)


※メキシコの独立記念日に関して詳しく知りたい方は、こちら


以上、今日は独立記念日ネタを中心にお送りしました~!…じゃなくて、

20050916_1そんなお祭りに浮かれた私は、年甲斐もなく明け方近くまで、シティを連れと徘徊するという暴挙をしてしまい、72周年アニベルサリオは、残念ながら(というか意図的に)テレビで鑑賞しました。
(というわけで、今日のレポートは全然「生」じゃないんだけど

アレナメヒコ、完全飽和状態の人出のようでしたね。マリアッチ(楽団)まで呼んじゃって盛り上げてましたね。でも、でも…どうだったの試合の方は!?皆さん満足したのかしら?私はCMLL女子王座決定戦(←)以外は、テレビで十分って感想を持ちましたが…。


メイン (3WAY・Hairマッチ):
Perro Aguayo Jr. VS. Universo 2000 VS.Hector Garza

20050916_6Mascara Año 2000が、先々週Hector Garzaのパイルドライバーにより負った首の怪我の欠場により、結局3WAYになったこの3人の髪切りマッチ。私の上司の言葉を借りれば、敗者は「政治力」で決まったというところか。意外性もなし。邪推だけど、兄の首の怪我による欠場だってアヤしいもんだと思えてきた。え、もしかして茶番劇のシナリオは皆さんとっくに知ってたって?そいつは、お見それいたしやした…

■■■■■■■(地獄への階段を下りていくHecror Garza →)
■■■■■■■■※でも、相次ぐビックマッチで財布はホクホクだ!



20050916_7今は百姓生活を悠々自適に送っているという、引退した更に上のお兄さまのCien Caras (←左)の乱入で終わったこの試合。

リタイア後の田舎暮らしって、メキシコ人がよく理想としてることだけど、お兄さま、中々顔色良かったんじゃない?お肌がつやつやしていましたよ

20050916_8



して、Hector Garzaは坊主姿も全然オッケー。いい男って、何しても似合うから得ねところでPerritoが最初にリングを出たんですが、なんかとても呆気なかったですね。どうしてあんなに簡単にでれたんだろうか?ボケッと見てた私には、よく分からなかったんですわ

■■■■(最後までゴネたけど、観念して丸刈りになりました→)


第4戦:
Dr. Wagner, Mistico, Negro Casas VS. Tarzan Boy, Terrible, Mephisto

20050916_2Mistico (←右)怪我のあと、1週間ぶりの復活
左脇腹のテーピングが痛々しいことはまあ、おいといて。ちょっと日焼けしたねミスティコ。さては、休み中にタンニングしたな?


20050916_3Dr. Wagner (←左)の喪中のようなマスクは新鮮で良かったけど、試合全体はたいしたことなかった…。


■A(片腹痛いけど、くるりんちょ→)

20050916_4



(←)それより、いきなり最後にUltimo Guerreroが乱入してきて。「Box y Lucha」先週号ではミスティコに怪我を負わせたことに全く反省の色なし、むしろミスティコをこのまま闇に葬ってやりたいぐらいだ。なんて発言してた彼ですが、来週、急に2人のシングルマッチが決まった。Mask/Maskマッチだー!とGuerreroは言っていたけど、いきなりそれはないと思うので、普通のシングルマッチですかね?2人の息の合った試合が楽しみだ


セミ:
Tanahashi, Nakamura, Okumura VS. Ultimo Guerrero, Rey Bucanero, Averno

20050916_5Tanahashi(棚橋)が、Nakamura(中邑)と共にドラゴンロケットした時に右足がロープに引っかかり、下で待ち受けていたU. Guerreroの所に落ち損ねるアクシデントがあった。試合は続行してたけど危なかった

(←いや、俺が受け損ねたわけじゃない…とGuerrero)

日章旗ネタは、そろそろ飽きてきちゃったが、3週目を迎えた2人のルチャを見た感想は、試合中お疲れ感がみえて「大丈夫?」と思う局面もありましたが、大分アレナメヒコの雰囲気に慣れてきた様子。特に中邑のルチャがグンとよくなったけど、もう日本に帰ってしまうんですよね~、残念!


20050909メキシコ人て単純なところがあるので、選手と観客の接する機会が増え呼吸さえあってくれば外国人とか関係なく簡単にファンになってくれる気がします。
一部マニアックファンを除き、大半はルチャを演劇感覚で見ていますから庶民のハートをつかむことがまず大事なんだと思います。とはいえ、彼らはそんなスタイルは目指してないのかもしれませんが

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■▲キミたちは一昔前のヤンキーか?(9/9)
A■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■(PHOTO: ©CMLL, boxylucha)

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ


8/6(土) Arena Lopez Mateos ~ニセ大仁田の髪切りマッチ

今週は独立記念日の週で大いに盛り上がってます、メキシコ つーかそれぐらい盛り上がってちょんだい、仕事の方も。という気持ちはぐっと抑え…テキーラの飲みすぎに注意しよっと

今日は少し前の話。気まぐれにテーマを選んでいるようだけど、そうでもないつもりです!

Tlalnepantlaの位置この日は、メキシコ州のTlalnepantlaにある会場へ。場所はナウカルパンのセントロからペセロに乗り15分ぐらい、下車して徒歩5分。とフツーに聞いたら気が遠くなりそうな場所に位置してる お帰りは是非とも、タクシーでお願いします。が、タクシーも大分歩かないと拾えないし…私の様な屁タレには連れてってくれる人がいないと(甘えたフリ)もう一度行くのは、無理かもしれないなぁ。

(←グリーンがTlalneで、オレンジがD.F.の位置)



LOPEZ MATEOSの観客以上がアレナの紹介。ここ3ヶ月のスケジュールを見ると、ここでは隔週土・日に定期戦が行われている模様。(会場はとても地味なので)期待しないように。と言われてホントに期待してなかった。ところがどっこい今日は満席の様子!というのも、セミでこの会場の常連ルチャドールのHairマッチがあったからだ!(なーんて知ったかで書いたが、分かったのは当日だったけどさ)
A■■■■■■■■■■■■■■■■■■▲かなりマジな面持ちで、観戦をする常連たち

第2戦:
Ohara, Okada, Horiguchi VS. Chuichiro, Chango Akiba, Kanjyuro

8/6ロペスマテオスのチラシ20050806_320050806_4







■■■ルード組■■■■テクニコ組


ここに連れてきてもらった目的の闘龍門の諸兄の試合。お恥ずかしながら皆さんの試合を興行以外で見るのは始めて。チャンゴさんの観客との言葉の応戦が面白かった!(日本語でだよ)

ところで…、間接的であれ直接的であれ知ってる人が出る試合ってものは、見てておっかないもんですね!普段エストレージャの試合を見ていると、「叩きがしょっぱいんじゃ、ボケが!」みたいなことも平気で思うんですが、今回は「キャー、そんなのやめて!」と、曙のK-1戦に応援に来てた奥さんなみのハラハラ状態で、精神衛生上・非常によろしくない。「そんなに痛くなかったんですよ。」なんてあとで言われても、「もうイヤッ」てな感じ。
日本のご家族の皆さん、息子さんたちは本当に頑張っていますよ。(ってお前誰やねん)


セミ (Hairマッチ):  ○ Rocky Santana VS. Black Terry

20050806_1まず初めにお詫び申し上げます。私は今日の主役のお2人がこんなにも大物な方だとは、露知らずでございました。
Rocky Santana (右→)は、日本で、「ニセ大仁田」として活躍したルチャドール!(似てるけど、本人よりもっと優しそうな感じかな)


20050806_5
Black Terry (←左)
は、今でこそ多少お年を召してらっしゃいますが、往年のスター。いえいえ、どれだけすごい方々なのかは試合開始と共に分かりましたよ。私は今日は前から2列目の花道そばという超VIPな席だったんですが、前後にいた御婦人たちの気が狂っちまったんじゃないか?と思わせるロッキー様への魂からの声援。ホント、氷川きよしだって目じゃないんだから!


20050806_2「皆さん、落ち着いてください!」とスチュワーデス物語(避難訓練の巻)の堀ちえみも叫ぶほどの、混乱ぶりです。これを決闘といわずして何という?私も結構な数のルチャを見てきたがこんなに観衆がヒートしてた試合は初めてでした。このRockyは、特にこの会場のスターだそうで、常連さんたちは彼を見に来てたんですね~。翌週の専門誌にも試合の模様は掲載されてました。
貴重な試合を、ありがとぅぅ!(べーやん風)


メイン:
Felino, Heavy Metal, Dos Caras Jr. VS. Los Villanos (III, IV, V)

20050806_6.jpgさて、帰りも遅くなってきました。試合はまだ続きます。この会場の回りはとても外国人が歩いてのんびり帰れるところじゃないぞ、どうするハポネシータ…!結局ごねて、お許しをいただき、3ラウンド中1ラウンドまで見せてもらいました。こんな豪華な試合、途中退場してたのは私だけだったよ

(←Villano III・おでこの傷が深いゾーゥ)



20050806_7このメインマッチ、カサス3兄弟が揃い踏みのはずだったんだけど、翌日のGarzaとのシングルマッチにそなえてか?長兄のNegro Casasが欠席。代わりにDos Caras Jr.の登場!至近距離の彼を見て、私はガリバーの国に迷い込んだかそれとも迷い込んだのはDos Carasなのか?錯覚した。観客もNegro Casasのことなんて忘れちゃって大喜び。スピードいっぱいとても四十路と思えないFelino (次男→)はいいね!家庭でも落ち着きなさそうだ。絶対、朝は早起きしてそうだ~


20050806_8これだけのエストレージャと熱すぎる観客に囲まれて、私もカメラも完全燃焼。で最後はお得意のバッテリー切れ調子の良い私は「ほんじゃ、帰りましょ」てな具合で席を立った。やはし、Heavy Metal (←三男)の格好よさは、俳優並みだな。少なくとも私の回りにはあんなメヒコ人いないぞ!ま、どこの国でもほーんとの美男美女の%って限られているんだろうけど…(と、ほざく一般人)



なんのまとまりもなくこれで終了ですが、第1戦ではSAMURAIという名の剣道着を着たレスラーや、詳しい人はよくご存知のPANDAも出てたりして、最初っから飛んでたこの会場。

欲をいえばこの会場、もっとアクセスのいい場所にあれば良いんですけどね。
好きで観てるんでネガティブなことは書きたくないけど、やっぱり郊外に行けば行くほど、雰囲気は異様です。旅行でいらした方は、本当にご注意くださいませ。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ


9/11(日) 大相撲秋場所 初日

秋場所初日・ドルジに土!しょ・・・初日から、ドルジに土がっ!!
相手はあの、ブログが公式化した普天王小結)だってさ!

秋場所がはじまりましたね。今場所はホントーに予習不足。インターネットである程度の情報って収集できるんだけど、日本て思ったより遠いんだな…、と場所月は思い知らされます。
朝青龍(横綱)の大鵬以来・38年ぶり6連覇なるか?魁皇(大関)の秋場所結果次第で引退も?琴欧州関脇)の腰痛は大丈夫か?千代大海(大関)は川村ひかるとの失恋の痛手&カド番から脱出できるか?といった情報は、大相撲ファンなら知ってて当然。私がおっと思ったのは、以下4本。


はなわが秋場所で懸賞金をだすぞ!
場内アナウンスは、「笑いのうっちゃり男、はなわ」だそうです。わー、楽しげ はなわは朝青龍、高見盛のほかに佐賀県出身の栃栄(前13)に出すそうですね。(ソース:「日刊スポーツ」)


エストニア出身の大物ルーキー・把瑠都が新十両に!

把瑠都、新十両に!小錦は曲げを結うために現役時代、ストパをかけていた。金髪力士って初めてですよね、染色とかさせられたりしないんだろうか?試しに黒髪の合成してみたら、恐ろしく似合わなさすぎだった。

(1984.11.5 エストニア出身 天王星人-, 198cm 165kg)
■■所属:    三保ヶ関部屋
■■初土俵:   2004年5月場所 
■■新十両:   2005年9月場所

▲背景は、エストニア国旗です

先場所、ドルジに土をつけた黒海(前頭2・グルジア出身)の弟が新弟子検査に合格!

黒海の弟お兄さんと似て、彼もやはし濃ゆいです。私の大好きなホームページ、
MichikoさんのM-stageによれば、大相撲の外国人枠って原則1部屋1人で、これで事実上満杯に。外国人力士の売り手市場もしばらくお休み?

弟は言う。好きな力士は「兄」で、そのウワサのお兄さまの黒海(→)は、
■■■所属:  追手風部屋
■■■初土俵: 2001年5月場所 
■■■■■■■■■■■新入幕: 2004年1月場所
(前頭2・1981.3.10 グルジア出身 火星人-, 188cm 160kg)

※彼のすごいファンサイトを発見しましたこちらです!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■▲背景は、グルジア国旗です
ドルジの新化粧まわしのスポンサーはなんとあの「よーじや」!

ドルジの新・化粧まわし遂に横綱の化粧回しですか。この「よーじや」のあぶらとり紙って、私の美人女子高生時分からブレークし、今も続いているんですね。だいぶ前の話ですが、京都の本店に私も立ち寄ったことがあります。閉店と同時に「ハイおしまい、おしまい。帰って」というジャパニーズマーケットではありえない、殿様商売な強気な印象を受けたんだな。今は変わっていると良いけど。(ソース:「日刊スポーツ」)
露払い横綱太刀持ち


今場所は、ひそかに栃東(大関)に期待をしていたが、2日目に琴光喜(小結)相手に黒星
他の大関2人も連敗のていたらく…。ここは下馬評どおり、若の里(関脇)と普天王の両力士に踏ん張りを期待。そろそろ外国人力士の鼻をへし折ってくれや~

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ


8/28(日) 闘龍門自主興行 Part 2 ~大好きなアノ人が登場!

ホントに、驚きましたよ20050828_8

と、前フリばかりが長くUPするのが少し遅くなった。日本から送ってもらったある小説に最近はまりすぎ、それに合わせ物思いに耽ることが多く…ネットどころでない日々。と書いてる本人が言ってる場合でもないので、早速試合の報告をば。

(こんな風にして、田口はメヒコ人に喧嘩売ってます→)



20050828_1 第2戦: 松山勘十郎のロープ渡りとチョウチョ

Kanjyuroさんは、メキシコ人からとても人気のあるルチャドールだ。歌舞伎風のメイクと見得を切る様は、外国人でなくとも面白い。そしてなんといっても頼りなさげなルチャ。ひょっとしたら私でも勝てるんちゃう?とシロートに油断させるところに、これまた魅力があるのだ。



20050828_320050828_2写真左
華奢な体でひょいひょいとロープを渡る。そばで蝶々をひらひらとさせヘルプしてる相方にも注目。お疲れ様です。
写真右
軽やかそうに見えて、意外とそうでもない降りるときは敵のヘルプまでも必要なのか。怪我には注意してね。



第3戦: ルチャドーラ対決でLa Nazi登場
20050828_4
Suavementee besaameee Que quiero sentir tus labios besandome otra vez

というPierrothのテーマ曲が流れた時、私の心拍数はほぼ停止。ま・まままさか!?と思った瞬間、彼女の姿を確認した時は腰が抜けそうになった、これマジで。私の愛してやまないソノ人というのはPierrothのセコンドのLa Nazi(もしや意外だったか?誰がなんと言おうと、私は彼女が大好きだ。彼女にだったら抱かれても…いい


20050828_5真横を通った彼女は、噂以上の圧倒的なオーラを放っていた。テクニコ組のDark AngelLady Apacheももちろん華はあるんだけど、彼女を前にすると、ちょい霞みますね。
こんなBIGなプレゼント(って誰にだ?もち私にだ)があると予測していなかった私は、カメラ小僧もまっ青の勢いで写真撮りまくり。おかげでフル充電がこの試合でかなり消費し、メインまでもたなかったくらいだ。ところで、このNaziと組んだのはAmapolaともう1人はIndia Sioux(名前あってる?)だったんだけど、なんと、Rey Bucaneroの従姉妹らしいですね。



20050828_720050828_6






ダブルラリアットをくらえや~




第4戦:
Negro Navarro & Black Thunder VS. Volador Jr. & Turbo

20050828_9おひねりが飛んだ。Negro Navarroのいぶし銀の関節技はもちろん良かったんだけど…、私には正直渋すぎ。それより若手飛び系ルチャドール2人のVolador Jr. & Turboの 「飛びます飛びます」コンビの良さが出しきれなかったなぁ。関節技かけられたVolaちゃんがNegroにありがとうございますとリングで握手されても…。そういうことは楽屋でやってほしいわけで…。
▲Negro先生のパンツ、白すぎやしないか?(中央)


第5戦 (3WAYマッチ):
Satanico,Hajime Ohara, Chuichiro Arai

20050828_10生まれて初めてプラカードを作っての応援。がそのプラも早々に出しすぎすぐネタ切れしたことは秘密。実はこの試合直前の休憩で、不運にも私たちは婦人トイレの大渋滞に巻き込まれた!登場を見逃すどころか、席に戻ることさえ出来ない事態に。会場をぐるぐる回った末、ようやく戻れた時は試合はすでに終盤に近かった…、ということを今さらながら、はじぴょんに告白。すまん
会場にいらした皆様、「ごめんやっしゃごめんやっしゃ」とリングそばを堂々と歩いてた美人日本女性ふたりは、私たちです。視界を妨げてごめんなさい。あ、でもリングまで2人とも頭が届いてなかったかしら?うほほ…





20050828_11 メイン:
Mil Mascaras, Dos Caras Jr., Ultimo Dragon VS. Ultimo Guerrero, Universo 2000, Hiromi Horiguchi

今日のメインはやはりこれ、Mil Mascarasの登場です。噂のマスク2枚かぶりはありませんでしたが、60代とは思えぬ、肉体と動きですね


20050828_12日本でも80歳を超えたボディービルダーじいちゃんが、時々メディアに登場したりするけど、筋肉維持するのは大変そうだなぁ。
ところで私、もちろんMil Mascarasという大レスラーの存在は知ってましたが、実はぶっちゃけ彼の来日当時TVで見た記憶がないんです。(ハイ、ここでブーイングの嵐!ほっといてくれや



20050828_13

彼のファンというのは、大体が私と同世代なので話を聞いてみるってーと、全日に参戦していたんですね。当時私は新日ばかり見てて、全日はあまり見ていなかったんだな。(思い出せない程度だから、ロクでもない理由だろうけど…)


この試合の時には実はもう私、スタミナ切れ・デジカメの充電切れということもあり、座席に座りながら軽く1人休憩してました。堀口ひろみ選手、ベテラン勢のなかでお疲れさま!




【総括】
20050828_14全7試合。盛りだくさんの内容で3時間があっという間に過ぎました。これで映画1本観るのと同じ価格とは、満足度がホント高いですね。この夜は家に着いた途端に、試合を見た興奮&帰り道の緊張(恐怖)から開放された。で、どっと疲労が押し寄せ…9時ごろには就寝してしまいましたオトナなんだか、コドモなんだか。


 Ultimo Guerrero
私が白河夜船のなか、彼はこのあとColiseo本戦でNegro Casasと、シングルマッチをしてた Tu estas a otro nivel!


お知らせ: 今週(9/9)の、Arena Mexico戦のレポートは、お休みしま~す

テーマ:ルチャリブレ - ジャンル:スポーツ


9/2(金) Arena Mexico ~ルードで登場 棚橋&中邑

メキシコ国民の1番の人気スポーツといえば、ルチャリブレではなく、やはりサッカー

ガブリエル・ペレイ1週間ぐらい前の話。通勤途中、近くの男性が読んでたスポーツ新聞にふと目をやると、ミスティコの写真が一面に出ていた。
「ルチャが新聞に載るなんてありえないし?」と、もっと大胆にその新聞を覗き見してみると、CRUZ AZULチーム所属のアルゼンチン人選手 Gabriel Pereyra (→)が、ゴールを決めた直後にミスティコのマスクを被ったベストショットだったのだ。ほえー、サッカー選手にも「ミスティコおたく」がいたもんだね、と軽く思っただけだった。後日、記事を読んでみると、なんでも彼の1歳になるご子息が大のミスティコファンで、2人は足繁くアレナメヒコに通っているそうだ。

Tシャツを着たミスティコで、話は今日のミスティコの登場に移る。いつもの派手な服の中から、なにやら水色のTシャツがチラ見え。もしかして?そう、ミスティコはお返しにCRUZ AZULのシャツを着てきたのだ!この出来事、メキシコに住んでる人以外には面白いことでもなんでもないんだけど、翌日のスポーツ紙にもちゃんとニュースとして載ったんです。いやー、なんか良いエピソードでしょ?グッドジョブ



本日の対戦: (セミ)
Hijo del Santo, Mistico, La Mascara VS. Ultimo Guerrero, Rey Bucanero, Olimpico

ミスティコ病院へ!Equipo de Plata Y Oroに対するは、Guerreros del Infierno。結果から言ってしまうと、ルードの反則負け。Misticoは、2ラウンド目にリングから落下。着地どころが悪く、左腰椎と左肩を損傷し、途中退場

最低1週間の休養が言い渡されたミスティコ■■A「Luchas 2000」 2005年9月5日号より→
■■Aいや、ここでまでマスクかぶらんでも…


カンパーニャが得意技La Mascaraは、ひどいマスクの破られ方を、Misticoがいなくなったテクニコ組はSantoLa Mascaraの2人になり完全に形勢不利。


20050902_1.jpg
さすがのGuerreros del Infiernoといえど、
Hijo del Santoのマスクには、手は掛けられないだろう
と思っていた私は、シロート中のどシロート。
やってくれましたよ、GdI Santoのマスクまでビリビリと!

Ultimo Guerreroはいつも試合前インタビューで、
Estamos a otro nivel! (ワシら、レベルが違うんじゃ)と、こう言う。
それに乗じてルード応援団も、その言葉を引用し彼らに向け声援!
Porque ustedes estan a otro nivel! (そうさレベルが違うんじゃ)
私が大好きな、応援の文句の一つだ。


第3戦:
Dr. Wanger, Dos Caras Jr., Negro Casas VS. Tanahashi, Nakamura, Averno

20050902_2.jpgNAKAMURAの登場がヒジョーに良かった!(日本でもあんなにコワイ顔で入場しているんですか?)私が子供だったら、彼を見てかなりビビるところだ 会場はブーイングの嵐。まあこれは彼らルードなので、当然といえば、当然のこと。
TANAHASHIDr. Wagnerの絡みは、正直少し厳しかったし、NAKAMURADos Caras Jr.の絡みも、かなり慎重さが見えた。が、NAKAMURAが観客に与えた非常にイヤ~な感じの存在感は、裏返せば「ルードとしてかなりイケてた」と言えるだろう。

(←今日はいつにも増して、メキシカン色・炸裂ね


クロネコ参上この2人のルード登場時に、クロネコ氏(ブラックキャット)が日章旗を振り回して会場を煽り、先導をとる。クロネコ氏の久々の登場で観衆や解説の目はそちらに釘付け。これはネタでなくホントの話だが、私は今までルチャ会場で何人かに「クロネコ」って漢字で書いてくれ。と頼まれたことがある。クロネコの意味を知らない人も多く説明すると喜ぶ。というわけで、今や「黒猫」と書かせたら私は結構、うまいぞ。 ホームページは、こちら


TANAHASHI & NAKAMURA 雑誌おまけポスター話が大いにそれたが試合の続き。
今日のセコンドはそのクロネコさん(急にさん付け)が勤めた。
3ラウンド目にDr. Wagnerのマスクを2人が剥いでしまい、
「日本人にはメキシコ人に対するリスペクトという概念が欠けています!」と実況が怒り、叫んだ。
そのあとTAGUCHIとOKUMURAが乱入し何が何やら、わけが分からないうちに、ルード組の反則負け。(でもやっぱ、2人が登場すると会場は更に盛り上がったね!)
最後はDr. WagnerがMask/Hairマッチをやろう!などほざいてくださったが、実現しない話はしないでちょうだい

←「SuperLuchas」 2005年9月5日号 おまけだ!



玄人ファンの懸念どおり、棚橋&中邑にとってスタイル/環境の違うルチャリブレそしてメキシコで、きっと相当やりずらかったことだろう。でも、メヒコのスーパーアイドルDr. Wagnerのマスク剥ぎをしたことで、日本人への強い憎悪が多くのメキシコ人に芽生え、アニベルサリオの「メキシコ VS. 日本」に繋がったということで…、16日に期待しようではありませんか


【その他】
20050902_4.jpgメイン。Aniversarioで闘うはずのMascara Año 2000(→)が、Hector Garzaにやられたパイルドライバーで首を怪我。担架で運ばれ、2週間の絶対安静となった。というわけで、予定されてたDinamitas VS. Perrito & Hectorの対戦は変更。代わりに先ほど引退した兄のCien Carasが復帰か?という話も。いや、そんなのもっと見たくないし!


本日はミスティコといい彼といい、ケガ人が多かったですね。(気をつけておくれよ…
先週コメントし忘れたがPierrothの坊主姿、かなり良い!完全にアッチ系のヒト。それでいいのだ。カタギのスタイルなんか似合わない。早く新しい仲間が見つかるといいな~

A■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■(PHOTO: ©CMLL)

テーマ:ルチャリブレ - ジャンル:スポーツ




PROFILE

KAORI (カオ)
  • TEXT: KAORI (カオ)
  • メキシコ D.F.在住。
    好きなルチャドールは、ミスティコ。私自身は、152センチのミニ部門。「オンナコドモにも分かるルチャリブレ情報」を目指してまーす。
    たまに過去記事に追記をしています。お暇な時にご覧くださいませ。

  • CONTENTS

  • PROFILE (1)
  • INTERVIEW (5)
  • SHOW 2006 (13)
  • SHOW 2005 (33)
  • TORYUMON (13)
  • HAIR/MASK (1)
  • RIGHTS (1)
  • GOODS (1)
  • TICKET (1)
  • MAGAZINE (4)
  • COMIC (1)
  • HANDSOMES (1)
  • JAPANESE (1)
  • SENIORS (1)
  • GAYS (1)
  • REFEREE (3)
  • KEMONITO (3)
  • ILLUSTRATION (1)
  • CINEMA (1)
  • ASSAILANT (1)
  • NEWS/GOSSIP (12)
  • SUMO (12)
  • SCHEDULE (20)

  • ARCHIVES

  • 2008年03月
  • 2006年12月
  • 2006年11月
  • 2006年10月
  • 2006年09月
  • 2006年08月
  • 2006年07月
  • 2006年06月
  • 2006年05月
  • 2006年04月
  • 2006年03月
  • 2006年02月
  • 2006年01月
  • 2005年12月
  • 2005年11月
  • 2005年10月
  • 2005年09月
  • 2005年08月
  • 2005年07月
  • 2005年06月
  • 2005年05月

  • LUCHA LIBRE LINKS

  • CMLL
  • AAA
  • BOX Y LUCHA
  • El Halcon.NET
  • SuperLUCHAS
  • CMLLBLOG
  • Lucha Wiki
  • ROSTERS (選手名鑑)
  • ALEXIS CMLL (写真)
  • Lucha Va Voom
  • Los luchadores
  • El Martiene (ルチャバー)
  • 自己満足ルチャリブレ
  • F-G-E (闘龍門ファンサイト)
  • 小技のプロレス画集

  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。