勝手にMistico!! from Mexico City
メキシカンプロレスの超★売れっ子ルチャドール、ミスティコに勝手に捧げるラブコールblogです。 「120%ミスティコ寄り」のルチャリブレ情報を、メキシコシティよりアツくお届けします。(2005.5-)
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


3/4(土) 闘龍門自主興行 Part 2 ~お客様は神様です! 篇

まるで期末決算のような立て続け更新ですが…、張り切ってレポートします!

20060304_11アレナコリセオ付近も、17時ごろの人通りは多くまるでちょっとした縁日状態。ルチャグッズや食べ物系の屋台がひしめき、夜のあの物騒な雰囲気が嘘みたいです・・・。しかし危険度に変わりないのは言うまでもありません!

第7試合直前まで、ミスティコの登場を待ちきれないちびっ子達が「あ、ミスティコと叫ぶこと、数回。その度振り向き(゚ω゚; 彡 ;゚ω゚) キョロキョロした私はコドモ以下。タハハッ!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ミスティコの登場を待つ、ちびミスティコたち
第7戦:
Mistico, Silver King, U. Dragon VS. Atlantis, B. Warrior, U. Guerrero


20060304_13この試合前夜は、
Mistico (左)B. Warrior (右)のコンビ仲間割れがあった。MisticoはB. Warriorとのコラボマスクを被って登場するも、B. Warriorの前で投げ捨てる。ヒートUPする2人の争い、泣くのはどっちだ?

補足この日以降、2人は幾度か対戦し遂に今日(3/31)はアレナメヒコでシングルマッチ!!今後Maskマッチもあるかもと言われてるが、脱ぐのかWarrior!?


20060304_12
…と、熱くレポートしたい気持ちは山々なのだが、はっきし言ってWarriorのスタンドプレイばかりが目立ち、やや興ざめしたアタシ

チームのAtlantis (中央)(左下) Ultimo Guerreroもあんまり出る幕なしっていうか、まあBlack Warriorを主役として立てた試合であるなら、しょうがないんだけど・・・。


20060304_14
それと、Dr. Wagnerの登場も楽しみにしていた私たちはSilver King (最左)の代打登場でプチがっかり。彼のコスチュームが少しWagnerに似ていたもんだから、はじめは少々混乱。(笑)

結果は、ルード転向したばかりのB. WarriorがU. Dragon (中央下)のマスクを破り反則負け。この光景、前回も見たような気が!?()


Ultimo Dragonの興行なのだから、
「もう少し、校長先生に目立って欲しいってことを、あえてリクエストとして提言したい。


最終戦 (ヤマハ杯・ファイナル):
Chuck Palumbo, Johnny Stamboli VS. Dos Caras Jr., Lizmark Jr.


20060304_17このヤマハ杯の優勝商品は、バイク。メキシコは自動車天国なので、バイク・自転車の市民権は低い。「メキシコ人ならスクーターもらってもちょい困るよね」というこれまた下世話な理由から、私たちの予想は、大事なお客様であるWWE組の優勝に3000点。
にしてもこの4人、デカいっすね!リングが小さく見えました。トップロープとか足でひょひょいとまたげるんじゃないか?高身長といえば、私がまだ女子高生だったころは3高(高身長・高学歴・高収入)なんて言葉が流行ったものだが、現代の旦那さんに求める条件は3Cだって?初めて聞いたわ!Comfortableが難しそうねぇ・・・。


20060304_1520060304_16・・・ま、話が大幅にそれたけど

この試合、メキシコ-アメリカ対決でしたから、そりゃもうメキシコ人観衆が黙っているわきゃない!コドモからオトナまでMEXICO MEXICOこういう強いアイデンティティー(愛国心)が私を含めた日本人には欠如してるんだな、とまじめに思ってみたりする。


(↓観客から煽られる、シルクハット)
20060304_18Chuck (最左)Dos Caras Jr. (左)の急所を攻撃し、最後はフォール勝ち。WWE組に殴りかかる勢いのオヤジ観客もいたりするほど、会場の大ブーイングを受けつつ、スクーターをずるずる引きずって退場した。LizとDosは「本当の勝者はお前らだぞ!」と言わんばかりの大声援を受けてた。

・・・元WWE選手の出場試合に対しありがた感なさすぎだという苦情は、一切受け付けません


【あとがき】
Dos Caras Jr.と帰り道が一緒になった。次が控えてたのかコスチューム着たままのお急ぎモードだったが背が高いので目立ち、ファンからのサイン攻めに応える。好感度、高いわぁ・・・


スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ


3/4(土) 闘龍門自主興行 Part 1 ~反米感情、勃発? 篇

20060304_1まだ雨季には早いというのにスコールが降ったりする午後。季節の変化にメリハリがないと、月日の流れがよく分かりません。

・・・とのんきなことを言ってるうちに、アレレ3週間以上経ってしまった、第32回闘龍門自主興行(チラシはこちら!)のレポートを、まるで昨日のことかのようにシレッとお届けしようと思います。こんなに遅いレポートに価値があるのか、というのは別として・・・。
今日はギジェルモ・チャンゴ秋葉氏が休場。それが私たちには大いなる悲しみでしたが、次回の勇姿がを楽しみにしています!

■■■■■■■(Lizmark Jr. まさにミーハーショット→)


第2戦:
Banana Senga & Passion Hasegawa VS. Hanaoka & Matsuzaki

20060304_2Banana (左)Passion (右)コンビは今までテクニコという認識でいた私だったが、BananaのMatsuzakiに対する、体育会によくみられる「新入生シゴキ」とも取られる攻撃はチンピラ…いや、まるでルードの様だった!ウォー。下ネタ系の仕込みも
(ところでPassion氏の髪は、決してカットが失敗したわけではないよね?な~んか以前と違うもんで


20060304_3
12月興行のときに、Matsuzaki (左)のスイマースタイルのコンセプトに疑問を持っていた私だったが、今回持参してきたサーフボードで謎が解けた。彼は湘南サーファーだったんですね!そしてこの試合、Hanaoka (中央)のデビュー戦でもあった。
このようにフラフラになって退場しても次の試合ではリング下でアシスタント要員として激しく動き回る姿を見ると、ルチャドールの方々ってやはりタフでなければやってけないんだな、と思いますねっ。



第5戦 (ヤマハ杯・セミファイナル):
Horiguchi & Okada VS. Chuck Palumbo & Johnny Stamboli

20060304_4190センチOkada (下)が小さく見えたこの試合。それは横幅のせいか?Horiguchi (上)に関してはこのカード、ミスマッチでしょう?というぐらいに不利な体格差である。
200センチ強ある Chuck Palumbo ()はイギリス紳士風・シルクハットを被ってるもんだから更に背が高く見える。この元WWEコンビが徹底的に日本人チームを痛めつけるというシチュエーションで始まったこの試合。日ごろの反米感情からか?それとも判官贔屓からか?会場は一体となり日本人チームを支持。いや、岡田&堀口、本当に見てて可哀想でしたよ(←これも見事、手中にはまってるのか?)


20060304_620060304_5









決勝は、このWWEコンビとLiz Jr.&Dos Jr.コンビを絡ませて、BIG対決(=またの名をお客さん接待対決とも?)になるだろうという予想通りに、このセミファイナルではWWEチームの勝ち!!ところで、200センチ(左) Johnny Stamboli はFBIと書いたパンツを履いていたので、思わずFBIってあの?と声に出して質問したりしなくて本当に良かった、このドシロートがFBIって、Full Blooded Italiansの略だったんですね、と分かった頃にはもう試合は終わってた。
…私がWWEに関して無知すぎるという苦情は、一切受け付けません


第6戦:
La Mascara, Milanito Collection AT, Shinjitsu Nohashi VS. Amigo Suzuki, Negro Navarro, Ohara Hajime

20060304_7まずはじめに、突っ込みドコロを指摘したい。Nohashi Shinjitsu () いまだに私は、新崎人生と名前すら混同してしまうのだが、それはご勘弁!
彼の入場はおごそかでとても良いんだけれども、敵チームまでがリスペクトしてる様子がツボで笑える
たとえば、Negro先生も入場をジッと見守ってはいるんだが、メキシコ人である彼が野橋のキャラをどの程度まで理解しているのか。わっかるかな~?わっかんね~だろうな、イェイイェイ!(by 松鶴家千とせ


もう誰も、大原を止められない!して、今日のOhara (上)!チミはLa Mascaraになんの恨みがあるのか?てぐらいの、ピンポイント攻撃。
遂に、La Mascara (下)のベッカム似の素顔が、私のカメラに収まる日が来たんじゃないか?とドキドキした。(そっちか!)キックやらなんやらで徹底的に痛めつけ、ロープに足掛けたルード勝ち(レフリーにご注目)し、なんと最後はスペイン語でマイクアピールまで。こっちは、違う意味でドキドキしましたぞ!


20060304_9本当に良かったですよ、大原の何か吹っ切った様な今日のルチャ。CMLLの準レギュラーになってからひと回りもふた回りも成長。実際、体も大きくなりましたよね!表情も本当にルードらしく変わりました。姉さんは、思わず嬉し涙が・・・(これもウソ泣き)今後も、La MascaraとOharaの抗争は目が離せません!

■■■■■■■■■■■■■■(Part 2へつづく)

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ


2006年3月度 (2/27-4/2) ミスティコ 出場試合

2月27日(月) アレナプエブラ
2月28日(火) アレナケレタロ
3月A1日(水) アカプルコ
3月A3日(金) アレナメヒコ
3月A4日() 闘龍門自主興行 IN アレナコリセオ
3月A4日() アレナロペスマテオス

3月A7日(火) アレナコリセオ
3月A8日(水) アウディトリオ・ミゲルイダルゴ
3月A9日(木) アレナナウカルパン
3月10日(金) アレナメヒコ
3月12日() アレナコリセオ
3月12日() アレナネサ

3月14日(火) エルドモ・デラ・フェリア
3月16日(木) セントロインターナショナル・デ・コンベンシオン (トルーカ)
3月17日(金) アレナメヒコ
3月19日() セントロシビコ・ヌエバアラゴン (エカテペック)

3月21日(火) アレナアフィシオン
3月21日(火) アレナロペスマテオス
3月21日(火) アウディトリオ・ベニートフアレス
3月24日(金) アレナメヒコ
3月26日() アレナコリセオ (グアダラハラ)

3月28日(火) アレナコリセオ (グアダラハラ)
3月31日(金) アレナメヒコ
4月A2日() コンプレホ・デポルティーボ (メリダ)


3/17(金) Arena Mexico ~あゝ美しき この父子愛

20060317_2こんなミーハーレポートでも楽しみに読んでくださってる皆さん。最近、更新が滞っていてごめんなさい。
メキシコシティの日中は最近、とても暑いです。ハカランダの花が咲き乱れると「ああ、もう3月よのう」と日本の桜を見るのと同じ気持ちになるのですが、もう大分散ってきましたね。


A■(フダ付の不良兄貴って感じのGパンスタイル→)

20060317_1
暑いメキシコ、ルチャファンも熱いぞ

今日のアレナメヒコはまさに「祭り」って感じでした。チケットは月曜から発売されたのかな?もちろん3階席までぎっしりでした。人の多さには思わずクラクラするひ弱な私ですが、人が多いと帰り道も安全な気がします。ホントか?



第4戦:
Mistico, Negro Casas, Heavy Metal VS. B. Warrior, Averno, Mephisto


20060317_3豊臣秀吉の金の茶室もびっくりの、まっ金金のマスクで登場のMistico (上) 先週はB. Warrior (下)にマスクをまるまる剥がされ負けてしまった。今日は初っ端からWarriorに、花道の階段カドに頭をぶつけられ同情票を一気に獲得。1R、ソッコーその金ピカマスクを剥がされた…。Misticoの髪っていつも床屋行きたてみたいにキレイに刈られてる。破ったマスクを股間にぶら下げ得意満面のWarrior。ああいうシモ系のアピール、好きよねぇ

A(ボーリング玉の様に鮮やかなMisitcoのマスク→)


20060317_4そのMistico。2,3Rではお得意の竜巻と619を見事に決め()お返しにWarriorのマスクを剥がした。それも目より上、顔半分がパッカリ剥がれた状態で、それは、楳図かずおの「洗礼」あるいは「ハンニバル」をほうふつとさせた。もうすぐ脳ミソが見えそう・・・。Warriorはメッシュ坊主だった。2人に気を取られている間に、HeavyとMephistoが各々担架で運ばれて退場していたけど、2人には何が起こっていたんだろ?



ファイナル(Hairマッチ): 
Universo 2000 VS. Hijo del Perro Aguayo

「boxylucha」 2006.3.13号  
伸び放題のボサボサ髪で登場したUniverso 2000 (最右) これで、最初っから勝敗予想が軽くついたようなもんだったけど、会場は、Perritoへの声援一色でしたね。

Universo 2000には兄上・Cien Carasが、Perritoには 父上・Perro Aguayo Sr. (最左)がセコンドにつき、もう会場は大盛り上がり!父さんたら、PdMのシャツ着ちゃってるよ
観客以上に、Perro父がはしゃいでたように見えたのは私だけでしょうか、私だけ?(笑)


20060317_5
父さんはなんか好々爺って感じで、息子をバックパップする姿は、とても微笑ましかったです。前にも書いたことがあると思うが、Perritoがまだ少年の時、手のつけられない不良息子で(彼の丁寧なしゃべり方などを聞くとこのエピソードはちょっと意外なんだが)彼の根性を鍛え直すためにトレーニングに放り込んだ父としては、現在の息子の人気は誇り高いでしょうね!思わず涙が・・・(ウソ泣)


【ラウンド
Universo 2000の専制攻撃。Perritoのフットスタンプなど、出る幕ない。
サソリ固め(だったか?)を掛けられたPerritoが痛さのため、あっという間にギブ。え!?

20060317_6
【ラウンド
引き続き、Perrito劣勢。Quebradoraの体制でUniversoにびよーんと伸ばされたPerrito (下)の顔は、まるでシーサー雌。

この一方的な流れ、Perritoが体力を温存してるようにしか思えないんだけど・・・と思ってたらやっぱり!フライングボディープレスを空振りするUniversoに対し、突如元気になり、暴れまくるPerrito。ちょっと~、動きが極端じゃないかね!?



【ラウンド
ここまで来ると、勝敗よりも試合がどんな終わり方をするかが気になる最終ラウンド!2人ともこの時点でハァハァと大変疲れているのだが、敢えて1本勝負にしないのがルチャの醍醐味?
ここでようやくPerritoのTシャツプレゼントタイム。今日の白いパンツが気持ち汚れてきたぞ!と思ったら、一方のUniversoの隈取りメークは既にハゲハゲ!メイクさん、直しお願いします

20060317_7
UniversoのHuracan Ranaを返しフォールを決めようとするPerrito。が、ロープに掛けられたUniversoの足がレフリーの目に止まりカウントならず。そしてなぜかレフリーがセコンドのCien Carasとしきりに討論し始めたりして(笑)、その隙を狙ってUniverso2000がPerritoにパイルドライバーを仕掛ける。その瞬間 () Perro父がレフリーにチクリ、うまく阻止した・・・と、書くとアッサリしているけど、あの瞬間は、マジでみんなハラハラしてたと思うわ

※ちなみに、レフリーを務めたのはBaby Richardです。


20060317_8
そんなこんながあって、UniversoがLow BlowでPerritoの急所を攻撃し、カウントを取れとレフリーに指示するも、なぜかCien Carasと話し込んでカウントを拒否するレフリー(笑うわ!)そして遂に業を煮やしたPerro父がそのやり取りの隙を狙い、Universoの急所を攻撃。今回はソッコーにカウントを数えだすレフリー!(笑うしかない)
そして、Perro Jr. の勝利ぃぃ~




抱き合う父子!これが涙なくして見られるかぁ~ (もちウソ泣)
レフリーに猛然と抗議するCien Caras。てか、レフリーと散々話してたのはアナタでしょ!その抗議に対して逆切れするレフリー。レフリーがセキュリティーに守られ退場する姿って…。

20060317_9
ふと思ったのですが、髪切りでは敗者が坊主になりますが、結構、刈り込みが深いですねっ。

外に出れる程度にちょい伸びるのを待つためか、高額ギャラのため他と公平を期すためなのか?髪切り敗者はその後、しばらく試合にでない気がするのですが、早速もらったギャラでやカンクンあたりを家族旅行でもしてるのかな 貯金はしないから!


A■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■(PHOTO: ©CMLL)

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ


3/3(金) Arena Mexico ~三月三日はルード記念日

今~日は楽しい、ひな祭り
と可愛らしいでだしにしてみましたが、全国のお嬢さんを持つご父兄の皆様お元気でしょうか?
私は遥か遠いメキシコに住む不良娘です。(←親友の言葉より引用)


20060303_1.jpg

Universo 2000 VS. Perrito髪切りマッチ が、遂に3/17に開催
ストーリー的には、まず何よりも実質的に引退に追い込まれた父上の宿怨を晴らすため、そして今までのPerros del Malのメンバーの敵討ちとして、Perro Aguayo Jr.が勝つしかないと思われます。(参考:Hector Garzaの坊主Damian 666の負傷Halloweenの坊主&負傷
とはいえミーハー的見解で言えば、トレードマークの長髪がバッサリ坊主になれば、その姿ほどショッキングなものはないだろう(=是非とも見てみたい)と思うし、2006年の大一番として記録に残るのは確実ですが、それはないかな…。ま、結果がどうであれ、とても楽しみですね!



メイン(CMLL世界タッグ王座):
Mistico & Black Warrior (挑戦者) VS. Averno & Mephisto (王者)

20060303_2このタイトル戦のおかげで、アレナメヒコは今日も超満員だった。

だが、このタイトルよりもなによりも、チマタの一部ではずーっとずっとBlack Warrior ()のルード転向が、いつかいつかとささやかれていた。転向のタイミングは、当代の伊達男Misticoとの仲間割れが一番話題を呼ぶわけで、してその 『X-DAY』 はいつか!?ってことは、そのまんま東が本当に宮崎県知事選に出馬する気なのかどうかよりずっと重要なことだった。ここまで読んだら、その日は今日だったのね!ってことは、賢明なファンの皆様にはお分かりだと思うが、さて、仲間割れ(=という名の裏切り)はどのように行われたか


20060303_3余談だが、このWarriorは北部トレオンの出身で、私の友人宅の隣が彼の実家である。そんなことで勝手に親しみを感じている私だが、同じトレオン出身にはあのDr. Wagnerがいる彼は頻繁に地元で大きな試合をやっているのでまさに「故郷に錦を飾る」って感じだろうと思っていたら、ルチャを知らないトレオン人は彼の存在さえ知らなかった。もし日本だったら「知事選にでも出てみれば?」て本人が希望しなくても回りがヤンヤヤンヤ放っておかない知名度だと思っていた私にはかなり驚きだったが、この驚きは地元友人には全く理解されなかった

とまあ、知事選ネタはこれぐらいにして・・・

20060303_43R終了が近づいてきた時、MisticoAvernoに向かって()Plancha Suicidaをぶっ放す。しかしAvernoはそれを受けずにサッと交わし、行き場を失ったPlachaは、Avernoの背後にいたWarriorを直撃する。何で後ろにいるねんって突っ込みは禁止よ!!
そのあとMisticoがリングに戻り、Mephistoに対しPalancaしかけたその時、先ほどのPlanchaで打撃をくらい怒ったWarriorが乱入し、Misticoの頭にキーーックあのキック素人が受けたら絶対ムチ打ちになるわ…という心配どおりフラフラしちゃったMisticoをMephistoが3カウント奪い、Averno&Mephistoの防衛が決定

20060303_5
「何しとんねん、もうお前とはやってられへんわとWarriorがMisticoのマスクをビリビリに破く。リングに横たわるボロボロになった()Mistico。会場はひとつになりMisticoに同情、「Puto Warriorの声が響き渡る。警備にかつがれて強制退場させられるWarriorの姿は、まるでLaura en America状態!!(←ラ米在住者向けギャグ・笑)
後日、Black Warriorは正式にメディアを通じルード転向を表明。2人の争いは、翌日の闘龍門興行に続くのだった。

A■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■(PHOTO: ©CMLL)

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ


2/24(金) Arena Mexico ~カンフーでマンネリをぶっ飛ばせ!

アレナメヒコでカプチーノが売られているとは、私は最近まで知らなかった。
試合開始前に、小腹が空いていた私はトルタ(メキシコ風サンドイッチ)と一緒に腹ごしらえ。かなり安上がりだけど、ちょっとしたスターバックス気分だ!試合カードがマンネリ気味だからから?比較的空いていた本日。とはいえ、最上階の席まで観客はいましたが。
先週触れた、Perros del MalのTシャツの女の子向け(ピンク)を発見しました。あれならちょっとしたデートには着れるかも?いや、やっぱり着れないな 冗談はホドホドにしとこう…。


第3戦:
Dos Caras Jr., Heavy Metal, Lizmark Jr. VS. Apolo Dantes, Mascara Año 2000, Rey Bucanero

20060224_2Mascara Año 2000が、Heavy Metal ()との絡みで1R始まって早々、左肩をマジ脱臼。腕はもうダラーンとしちゃって再起不能。千代の富士のクセだった肩の脱臼をを思い出す。
レフリーやメンバーのルードたちが治すのに奮闘するも空しく退場。会場からはブーイングが起こったが、Bucaちゃんの「テメエら、うるせー!」のジェスチャーで鳴り止む(笑)試合はすっかり盛り上がりに欠け、Dos Caras Jr.とBucaneroの筋肉魅せ魅せ対決で頑張ってみたが、他に見せ場はなく、結局アレって感じで終わってしまった。

(←定着したコスチューム。黒マントの後ろにでっかい白星が)


セミ:
Ultimo Guerrero, Universo 2000, Tarzan Boy VS. Hijo del Perro Aguayo, Hector Garza, Terrible

PdMが客席から入場するなり、ソッコーにUtimo GerreroのTシャツを真っ2つに破る!あんなにキレイに破れるのは切れ目が入っていたに違いない!(笑)
20060224_3
Hector Garza (右)がトップロープからU. Guerrero (左)のいる場外に仕掛けた「後方半ひねり」ジャンプはいつもの如くキレイに決まった。このひねりの瞬間がたまらんという人もいるだろうが、私はHectorがコーナートップに立ち、飛ぶ直前・一瞬に見せる「絶対キメたる」っていう真剣表情。やっぱりこれにゾクゾクしてしまう!

今日も試合終了間際の乱入があり、先週のDamian&Aguilaと同じコスチューム&マスクだったのかな?あのマスクが見えた途端に「もういいよ」と思った…。今日の中味はApolo DantesとCien Caras。


メイン:
Mistico, Black Warrior, Negro Casas VS. Atlantis, Averno, Mephisto

20060224_4どーする?このまま盛り上がらないまま終わるのか、今日のアレナメヒコ!

MisticoとBlack Warrior (下)のコラボマスクも生で見る限りは分かりにくい。
ところで、コラボマスクの時って比較的、というかほとんどMaskやぶりはありませんね~。やはりそうそう幾つも作ってられないよっってわけだからなんでしょうか…?


1Rでテクニコ勝利、2RではBlack WarriorがAvernoにTope Suicida、MisticoMephistoに後方Tornilloと2組が場外へ吹っ飛んで行き、リング上に残ったNegro CasasAtlantisにMagistralを決め、すごい速さで、テクニコのストレート勝ち。
次は、Revancha(リベンジ)だ~と言ってたが、これは、まだつづくってことすか


第2戦:
Sagrado, Metro, Tony Rivera VS. Hombre S Nombre, Ohara, Okumura
アレレレポートの順番が違うんじゃない?と言うなかれ。今日、1番良かったのがこの試合。

20060224_1OKUMURAの相撲風どすこいアピールジェスチャーもいいし
OHARAカンフー風キック(→Metro)&肘撃ち(→Sagrado)は新鮮で良かった。私はブルース・リーもサモハン・キンポーもユン・ピョウ(笑)もチャウ・シンチーもまとめてかかってこい!ってぐらいカンフーは好きなのですが、ここメキシコでも空手は根強い人気であります。素人ファンの意見だが、ここはひとつ、高田道場出身のOHARA(下)に是非このジャンルを開拓していただきたい
ちなみに、なぜジャッキー・チェンはそんなに好きじゃないかというと、妻子もちのくせに河合奈保子と色々あり、彼女を泣かせたからだ! (果てしなく古く、著しくルチャとは関係ない理由だが…


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■(ORIGINAL PHOTO: ©CMLL)

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ




PROFILE

KAORI (カオ)
  • TEXT: KAORI (カオ)
  • メキシコ D.F.在住。
    好きなルチャドールは、ミスティコ。私自身は、152センチのミニ部門。「オンナコドモにも分かるルチャリブレ情報」を目指してまーす。
    たまに過去記事に追記をしています。お暇な時にご覧くださいませ。

  • CONTENTS

  • PROFILE (1)
  • INTERVIEW (5)
  • SHOW 2006 (13)
  • SHOW 2005 (33)
  • TORYUMON (13)
  • HAIR/MASK (1)
  • RIGHTS (1)
  • GOODS (1)
  • TICKET (1)
  • MAGAZINE (4)
  • COMIC (1)
  • HANDSOMES (1)
  • JAPANESE (1)
  • SENIORS (1)
  • GAYS (1)
  • REFEREE (3)
  • KEMONITO (3)
  • ILLUSTRATION (1)
  • CINEMA (1)
  • ASSAILANT (1)
  • NEWS/GOSSIP (12)
  • SUMO (12)
  • SCHEDULE (20)

  • ARCHIVES

  • 2008年03月
  • 2006年12月
  • 2006年11月
  • 2006年10月
  • 2006年09月
  • 2006年08月
  • 2006年07月
  • 2006年06月
  • 2006年05月
  • 2006年04月
  • 2006年03月
  • 2006年02月
  • 2006年01月
  • 2005年12月
  • 2005年11月
  • 2005年10月
  • 2005年09月
  • 2005年08月
  • 2005年07月
  • 2005年06月
  • 2005年05月

  • LUCHA LIBRE LINKS

  • CMLL
  • AAA
  • BOX Y LUCHA
  • El Halcon.NET
  • SuperLUCHAS
  • CMLLBLOG
  • Lucha Wiki
  • ROSTERS (選手名鑑)
  • ALEXIS CMLL (写真)
  • Lucha Va Voom
  • Los luchadores
  • El Martiene (ルチャバー)
  • 自己満足ルチャリブレ
  • F-G-E (闘龍門ファンサイト)
  • 小技のプロレス画集

  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。