勝手にMistico!! from Mexico City
メキシカンプロレスの超★売れっ子ルチャドール、ミスティコに勝手に捧げるラブコールblogです。 「120%ミスティコ寄り」のルチャリブレ情報を、メキシコシティよりアツくお届けします。(2005.5-)
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006年5月度 (5/1-5/28) ミスティコ 出場試合

5月A2日(火) アレナコリセオ (グアダラハラ)
5月A3日(水) アレナコリセオ (アカプルコ)
5月A5日(金) アレナメヒコ
5月A5日(金) サロンサポティトラン
5月A6日() EXモジュール・プエブラ (チョルーラ)
5月A7日() アレナコリセオ
5月A7日() デポルティーボ・ロスガレアナ

5月A9日(火) アレナコリセオ (グアダラハラ)
5月12日(金) アウディトリオムニンシパル・テオロジュカン
5月12日(金) アレナメヒコ
5月14日() バルネアリオ・オリンピコ
5月14日() アレナコリセオ

5月19日(金) アレナメヒコ
5月22日(月) アレナプエブラ
5月25日(木) アレナナウカルパン
5月25日(木) セントラル・デ・アバスト
5月26日(金) アレナメヒコ
5月27日() EXモジュール・デ・レシエントフェリアル (プエブラ)
5月28日() アレナコリセオ
5月28日() コリセオコアカルコ
5月28日() ピスタ・ラ・エストレージャ (チマルウアカン)

スポンサーサイト

みんなが大好き!Kemonito  ~絶賛 ミスティコ中 (Part 3)

試合レポートばかりが続いていたので、ここらでちょっとお口直しの1本を!

マッチメイカーとしての一面も?CMLLのマスコット猿 (左) Kemonito

新バージョンが年明けから登場し、約半年が経つ。
曲がり角をとっくにこえた私の肌の状態は、乾燥で日々老化の一途をたどっているが、それに引き換えケモニートの男のフェロモン&パワーは相変わらず全開だ!! (過去の記事:Part1, Part2

(←リング際での、ヒソヒソ話が気になるっ)


そんな彼の、'MISTICO'バージョン

写真がたまったのでシリーズ第3弾として一気に放出したいと思う。アイドルヲタの秘蔵写真公開となんら変わらない気もするけど変態ブログと言われる覚悟で、構わず行きます。
くれぐれも、ここにアクセスしてる時点でアナタも私と同類だということをお忘れなく…!(笑)


入場時・正装タイプ (汚れに気を遣うわ)
MISTICOバージョン1

ファイティングタイプ (やっぱ機能性重視)
MISTICOバージョン2

レオタードタイプ (最近はもっぱらコレ)
MISTICOバージョン3



白は汚れが気になるもの。冬の可愛いコート選びで私も泣く泣く諦めたことが数回ある。
そのため以前よりは、ケモニートの試合参戦が減った気がするのだが気のせいだろうか…?
と思ったのもナンのその!ファイティング写真も沢山あり、活躍は以前となんら変わりなし。

【ルチャドールとしての活躍】
ファイティングKEMONITO!
I飛びます・飛びますAPerros del Malの袋だたきで散々な目にAトぺスイシーダ!


【セコンドとして選手の管理】 ※あくまでも私の解釈です
セコンドKEMONITO!
キャッチしろとガン飛ばし■A医師に適切な処置をうながすA裏切りのタイミング指示


ふぅー。どんなもんでしょう、この青いお猿のマスコット。
しかしどんなに可愛かろうがなんだろうが、万人の支持をつかむのは不可能で、中には彼を忌み嫌うヒトもいるということ隠してはならない!さてそのヒトとはのちに書きますよー。

A■■■■■■■■■■■■■■■■(ORIGINAL PHOTO: ©CMLL, Alexis Salazar)

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ


5/13(土) 闘龍門自主興行 Part 1 ~人生、学ばぬ日はないのね 篇

「要望があれば、自主興行の一般公開もやぶさかでない」
と、コメントしていたウルティモ・ドラゴン。 しかし今回もチケットは一般発売とはならず、日系企業および関係者へのみ。とはいえ場所はアレナメヒコ。ダフ屋さんもチラホラと出勤していたようで、会場は大盛況。私の裸眼調べ(矯正済み1.0)によれば、観客は85%から90%の入りでした!

ウルティモ・ドラゴン独占インタビュー (06.04.03)在墨19年。
Ultimo Dragon (としてのキャリアは既にに15年にのぼる浅井嘉浩氏。ウルティモ・ドラゴンは日本では封印された名前なのに、なぜ再び使うことになったのか?という記者の鋭い質問に対し、ウルティモ・ドラゴンの名を封印せざる得なかったWWEとの契約の背景と、その後話が頓挫してしまい、もう一度名前を日本でも使うことに決めたということに触れている。
ルード転向の可能性もゼロではないが、活動の主軸はむしろプロモーター業へ移行していくだろうとコメントしている。これは、数年後の引退を示唆しているだろうのか…
■■■■(参考記事:「Superluchas」2006年4月3日号)

以前、彼のメキシコデビュー時代の写真をここのルチャ雑誌記者の人に見せてもらい、
くれぐれも彼がASAIだったということは内密に…と、大真面目に言われたことがあるが、「内密もなにも日本ではTVでも紹介されたし、彼がASAIであることは日本のファンはみんな知ってますよ」とイチビリつつ言ったところ、ものすごく驚かれたことがある…。
浅井氏も言っているが、今はあらゆる情報媒体の発達で、マスクマンの本人隠しが非常に難しくなった。素性不明だからこそのマスクのありがた度が日々下がっている今日この頃である。


33rd闘龍門自主興行チラシ
これまた大きなブーイングを受けることを承知で書くと、私は日本でプロレスは全く知らなかったので、今日の看板である武藤敬司(中央)のことは全く知らず、当然武藤氏がグレート・ムタと同一人物だということさえ存じ上げませんでした…。かろうじてザ・グレート・カブキは緑の霧吹きが子供の私から見るとインパクトありすぎだったので覚えていたが、彼がそのカブキの息子という設定で登場していたとは。皆さん普通に知ってることだったの!?
(と、プロレスファンにとってはこの上なく聞き苦しいであろう初歩的な今さら情報なので、これ以上の彼の詳しい紹介はこちらでどうぞ!)
ま、とにかく…。このプロレス界の偉大な彼を知らない私の様なシロートでも、この闘龍門興行というものは十分に楽しめるわけですっ。(汗

20060513_1
さてさて、肝心な試合内容は…?
アステカダンスあり・花火あり・マリアッチあり・タイトルマッチあり・謎のチビゴリラ登場あり…等々、豪華な試合の模様は次回のレポートでダダッと一気に紹介いたします!「ブログは更新が命をキモに据え、なるべく早く更新したいと思いますので、ぜひご期待くださいませませ!


A■■■(タイトルマッチ直前の大原をつかまえ、浮かれて1枚→)

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ


4/28(金) Arena Mexico ~泣くのはどっち?髪切りマッチ

さ~て、3連休直前の金曜日。
そしてビッグマッチということで、「チケットは前売しますよーという触れ込みと、当日は「地方からも多くのルチャファンが詰め掛けておりますと大賑わいのアレナメヒコであった。

2006.04.28 髪切りマッチ
たしかに、メインの髪切りマッチは見逃せない感はあったかもしれないが…。(屁理屈はあとで述べる。)

今日はミスティコもでないことだし(結局それか!)なによりも、巷の噂によれば先月、彼に2人目のお子さんが生まれたらしく、チェッってなファン心理も激しく作動し、私は会場に運ぶことはなかった。ちょいこじつけだけど。
ルチャリブレを1年以上に渡り欠かさず毎週見ていると、私のようなシロートファンは、熟練コメンテーターたちの解説(目下行われている抗争への見解・当然だが技の説明・そして、一番楽しみ!満載の悪口等)なしでは見られなくなってきた。もちろん、会場のあの異様な雰囲気は、TV観戦に変えがたい良さがあるのも事実だが。


ところで、レポートしてない先週4/21の試合についてひとつ。
ご存知の方も多いと思うが、LA ParkDr. Wagnerの仲がここ数ヶ月とても悪い
ま、元々仲間ってこともなく、テクニコ繋がりなだけの2人だが、決裂合戦はすさまじい。先週のファイナルでは2Rだったか?両者、つまりエエ年したおっさん同士のいがみ合いが始まり、Misticoが仲裁に入るという場面があった。小僧のMisticoが入っても何の効果もなかったということは、ファンとして見なかったことにしたいひとコマではあったが(笑)とりあえずかなり面白い。

20060421LA Park (右ルード転向は時間の問題ともいわれているが、すっかり学習不足の私は識者に伺いたい、この抗争の発端は一体何だったのでしょうか。まさかまさか、プロモーターとしての権力者同士の確執なんて、ナマナマしいガチな理由ではないと思うのだが?3R終了の時に、LA ParkがWagnerの頭をキックし、観客にブーイングされつつ、ふてぶてしい態度で退場するという場面も堂々とオンエアされあるいみ公式発表。対戦相手のルード(Black Warrior, Averno, Universo 2000)の存在感は全くなしのファイナルだった。今後も追いたい2人の動向である。ちなみに私は、LA Park派です。

A■■■■■■(アイフルどころじゃない、どうする?LA Park→)


ファイナル (Hairマッチ)
Rey Bucanero & Tarzan Boy VS. Mr. Aguila & Damian 666

さて、前置きが長くなったがようやく今日の髪切りマッチのレポート!

20060428_1ここ数ヶ月続いてきたPerros VS. Guerreros (Atlantidasと言った方がいいのか) のチーム抗争の決着戦の1つであるはずなのに、なんだかパッとしない。何が原因か?それは、どうしてここでTarzan Boyの投入なの?ってことだ。単なるHair動員か?以前も書いたが、Tarzan Boyは以前はPdMにいて、何の確執があったわけでもないのに人事異動(リストラ?)でAtlantidasに入団。中途半端だけど、わりと安定した位置をキープしている。そんな彼、今日は髪がだいぶ伸びた感じ。ムムムこれは下馬評のDamian坊主のウワサとは裏腹に、Atlantidasが坊主になる可能性ありという私のシロート予想はやっぱり、外れたっ。


1R-2Rはハラハラ感もないまま、3Rに突入。
最後は、Damian 666Rey Bucaneroめがけておメーンと振りかざした竹刀が、Bucaを抑えてつけていたMr. Aguilaに命中し、星がチカチカレレレのおじさん状態。(古いな~)

20060428_2その隙にBucaneroがAguilaを襲い、3フォールGET!
よくあるパターンではこのあと、AguilaがDamianを攻めて仲間割れがありそうだが、そんなこともなく、大人しく2人は坊主になった。さすが落武者、腐ってもサムライ!
解説がしきりにAguila(が泣いている!と言ってたが泣いてはおらんでしょ。あれを涙と言い張るなら、

心の汗じゃなかろうか(熱すぎか?)


(3年半ぶりの坊主,意外と違和感なし)
20060428_3通常、髪切りマッチの時には試合終了直後に、決まったオジサンがバリカンを持って登場するが、今日はまるで力士の断髪式のように色んな人がバリカンを手にし敗者を坊主にした() PdMの熱狂ファンと思われる男子がリングに乱入し、自分も坊主にしてくれ!とTarzan boyにせがんだ。Tarzanは当然、躊躇の表情を見せたが、あまりに強く頼むのでバリカンを当ててあげた。
その時のファンの喜びようったら世の中色んな人がいるんだな~、と私は思った。(ほら、そこのチミもね!)


セミ (CMLL世界L・ヘビー級王座):
Ultimo Guerrero (王者) VS. Hector Garza (挑戦者)

そして、グリコのおまけのようなセミのレポート。ちょっとがっかりしましたこの試合

20060428_4というのも私は…というかきっと他のファンもだと思うが、ファイナルの髪切り以上にこの試合の方を数倍、楽しみにしていたからだ。
2002年12月のShocker戦以来、Ultimo Guerreroが防衛し続けているチャンピオンベルトが、ついに?なんて誇大な前フリもあったし、Hectorなら十分にあり得る!という下馬評もあっただけに、もう少し白熱した対戦が繰り広げられるかと思ってましたよ…。


でも…、蓋を開けてみたら、高見盛もびっくりの、アッサリ梅茶漬けな試合内容。
特筆すべきは、全体的にUltimo Guerreroに有利な判定が多かったということぐらいか。

20060428_5どんなこズルい試合が見れるのかと思ったら、3RでHectorがロープに足掛けでフォールを試みたところ、レフリーが2カウントめで気付き失効になったことぐらい。最後はGuerreroが3段目ロープからHectorをバックドロップして()のように固めフォール勝ち!私が驚いたのは、GuerreroのセコンドのPierrothが、軽々と彼を肩車して勝利挨拶したこと。おっさん、チカラがあるの~と惚れ惚れした一場面だった。

A■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■(PHOTO: ©CMLL)

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ




PROFILE

KAORI (カオ)
  • TEXT: KAORI (カオ)
  • メキシコ D.F.在住。
    好きなルチャドールは、ミスティコ。私自身は、152センチのミニ部門。「オンナコドモにも分かるルチャリブレ情報」を目指してまーす。
    たまに過去記事に追記をしています。お暇な時にご覧くださいませ。

  • CONTENTS

  • PROFILE (1)
  • INTERVIEW (5)
  • SHOW 2006 (13)
  • SHOW 2005 (33)
  • TORYUMON (13)
  • HAIR/MASK (1)
  • RIGHTS (1)
  • GOODS (1)
  • TICKET (1)
  • MAGAZINE (4)
  • COMIC (1)
  • HANDSOMES (1)
  • JAPANESE (1)
  • SENIORS (1)
  • GAYS (1)
  • REFEREE (3)
  • KEMONITO (3)
  • ILLUSTRATION (1)
  • CINEMA (1)
  • ASSAILANT (1)
  • NEWS/GOSSIP (12)
  • SUMO (12)
  • SCHEDULE (20)

  • ARCHIVES

  • 2008年03月
  • 2006年12月
  • 2006年11月
  • 2006年10月
  • 2006年09月
  • 2006年08月
  • 2006年07月
  • 2006年06月
  • 2006年05月
  • 2006年04月
  • 2006年03月
  • 2006年02月
  • 2006年01月
  • 2005年12月
  • 2005年11月
  • 2005年10月
  • 2005年09月
  • 2005年08月
  • 2005年07月
  • 2005年06月
  • 2005年05月

  • LUCHA LIBRE LINKS

  • CMLL
  • AAA
  • BOX Y LUCHA
  • El Halcon.NET
  • SuperLUCHAS
  • CMLLBLOG
  • Lucha Wiki
  • ROSTERS (選手名鑑)
  • ALEXIS CMLL (写真)
  • Lucha Va Voom
  • Los luchadores
  • El Martiene (ルチャバー)
  • 自己満足ルチャリブレ
  • F-G-E (闘龍門ファンサイト)
  • 小技のプロレス画集

  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。